翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳。副業で外国人に日本語を教えていましたが、2019年3月で卒業。フィンランドが大好き。ウラナイ8所属。

開運術

この世界に自分が生きる隙間を見つける

先週の朝日新聞、哲学者の古田徹也のコラムに「親ガチャ」という言葉が出てきました。 何が出て来るかわからないカプセル型のおもちゃの自動販売機「ガチャガチャ」から始まり、今はスマホのゲームのくじを指すそうです。 さらに言葉は進化し、子供がどんな…

九十九里浜の夜はふけて

2020年は子年。 十二支には三合という関係があります。十二支を円周上にならべて、正三角形になる組み合わせで、西洋占星術ではトライン。正三角形は最も安定した形ということで、吉方位取りに使われます。 子と三合になるのは辰と申。子年の辰月(4月)に…

とりあえず来たバスに乗る

8月8日のウラナイ8の1周年記念イベント、たくさんの方にオンラインで参加していただき、ありがとうございました。 初めての試みで、なかなか大変なことも多く、玉紀さん、ゆみこさんを始めとする他のメンバーに頼りきりでちゃっかり参加させてもらいました…

湯水のようにお金は世界を流れている

別府は日本一の湧出量を誇り、その量は毎分83,058リットル。数多くの温泉施設がありますが、とても使いきれず海にそのまま流れ出ていると聞きました。 温泉のない地に暮らす者としては、なんともったいないこと! お湯があり余っているのですから、自宅に温…

閉まった扉を離れ、新しい扉を開く

2020年は、誰にとっても大きな転換の年となるでしょう。 歴史の授業で大恐慌など時代の転換期について学ぶと、当時の人々はどんな気持ちで毎日を過ごしていたのか想像していました。半世紀以上生きてきて、バブル景気やリーマンショックなど経済のアップダウ…

幸運から生まれた『百年の孤独』

東京のコロナは一向に収まらず、梅雨の長雨をさらに気の重いものにしています。 「マコンドでは4年11カ月と2日雨が降り続いたのだから」と、ガルシア=マルケスの『百年の孤独』をまた読みたくなりました。ジャーナリストだったガルシア=マルケスは、具体…

旅先で考える幸せの形

旅先では、観光スポットを巡るより、地元の人が行く居酒屋や公衆浴場に行くほうが好き。さまざまな人生を垣間見て、考える種をたくさん与えられるから。外出自粛期間は、ドラマや映画を楽しみましたが、本拠地を離れて直に異なる文化に触れるが旅の醍醐味で…

歯科も占い師も客を選ぶ

約5か月ごとに歯のクリーニングに通っています。 本当はもっと頻繁に行った方がいいのかもしれませんが、ここ十数年同じ歯科衛生士さんに担当してもらっていて、このくらいの間隔でいいと言われています。どうやら歯の強さにも個人差があり、私は虫歯になり…

運を天に任せてNintendo Switch当選

コロナによって「新しい生活様式」が提唱されています。 混雑した酒場で語り合ったり、バイキング形式の食事を楽しむことはもうできないのでしょう。 休館となっていたスポーツクラブが6月から再開しました。ズンバのレッスンに通っていた私にとって、約2…

手に入れるより、捨てるほうが大変だ

『クリミナル・マインド』シーズン10の『地獄めぐり』で紹介された名言が紹介されました。 It doesn't take a lot of strength to hang on. It takes a lot of strength to let go. — J.C. Wattsしがみつくには、そんなに力が要らない。手放すには、強い力が…

テイラー・スウィフトみたいに雑音は振り落とそう

見たい映画やドラマ、読みたい本を思う存分楽しめた外出自粛生活。要請は段階的にゆるんできていますが、定職を持たず自宅で働いているので、あまり関係ありません。 月800円しか払っていないのが申し訳ないのがネットフリックス。タブレットで観ているので …

人生はサブスク

外出自粛期間を乗り切れたのは、ネットフリックスとアマゾンプライムのおかげ。ずっと見たかった映画やドラマが見放題ですから、暇を持て余すことはありませんでした。 昭和生まれにとっては夢のようです。欲しいレコードを買うためにお小遣いを貯めた日々。…

コロナ禍で「福」を再確認

外出自粛期間に痛感したのは、自分だけの確かな幸福を持っている人が一番強いということ。それは人と比べて年収が高いとか、子供が優秀という相対的な幸福ではなく、くだらないと馬鹿にされようとも、とにかく楽しめる活動です。 おもしろい本をむさぼり読み…

絶対幸福感

コロナ不況で自殺者が増えると言われていましたが、蓋を開けてみると4月の自殺者数は前年比2割減。 緊急事態宣言で社会全体が大変な状況に陥ると、生きることに必死になり自ら死を選ぶことが少なくなるのでしょうか。楽しそうなデートや家族旅行を横目に見…

潮が引いたら、誰が裸で泳いでいるかわかる

「プールの水が抜けたら、誰が裸で泳いでいるかわかる」というウォーレン・バフェットの言葉をネットで目にしました。 原文を調べてみると、プールの水ではなく潮の満ち引きでした。 You never know who's swimming naked until the tide goes out. 潮が引く…

外出自粛で飲みすぎないために

テレワークでアルコール依存になる人が増えているとか。私も危険水域です。 元々自宅で仕事をしているので、曜日を意識するのはスポーツクラブのズンバのスケジュールでした。いやなことがあっても、ズンバのレッスンに出ればすっきりします。そして、夕方か…

トーニャとマーゴット

わざわざ映画館で観るところまでいかないけれど、映画館で予告編を見て心惹かれたのが『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』。Netflixで観ることができました。 Copyright © 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved. かなり脚色された部…

発した言葉は現実化する

ついに東京では週末の外出自粛となり、講座や鑑定会などリアルで集まることがむずかしくなりました。ウラナイ8のメンバーは、Zoomや動画配信などを始めています。 夏瀬杏子さんのブログ。 natsuseannco.com 最後の薬局を辞める時に 「youtuberになるので辞め…

とにかく寝ろ。考えるのは明日

世の中の動きがまったく読めない日々が続き、商売あがったりの占い師もいるのでは。昨年のうちに「2020年は伝染病のパンデミックが発生し、株式は大暴落、東京オリンピックは延期」なんて発表した占い師はいるのでしょうか。東日本大震災が起こった後も、雑…

どの行列に並ぶか

心が落ち着かない日々が続いています。 先日、赤十字から献血のお願いのメールが来ました。新型コロナウイルスの影響で血液が足りなくなる恐れがあるとのこと。 こういう時こそ不要不急の日々を送っている私の出番です。若者の元気な血液には劣るかもしれま…

人間関係という財産

新型コロナウイルスの影響は広がる一方。自宅で仕事をして、外出といえばスポーツクラブという私は家に閉じこもりがちになります。 先週は実家に介護帰省する予定でしたが、キャンセルしました。健康だけが自慢の私は無症状のスプレッダーになる恐れがありま…

温泉や銭湯で話しかけられるうちは大丈夫

ウラナイ8のメンバー、夏瀬杏子さんのお母さんは、見知らぬ人にもどんどん話しかけるそうです。算命学でいう禄存星。愛されたいという欲望が強く、積極的に人間関係を広げていこうとします。 私も杏子さんのお母さんと同じく、禄存星が効いていますが、話し…

笠地蔵と『シンドラーのリスト』

ケネス田中先生の仏教英語講座では、子供向けの英語漫画も教材の一つでした。 www.bdk.or.jp 愛犬を亡くした小学生の女の子が仏教に目覚める話。最後のシーンでは道端のお地蔵様に手を合わし、お供えされている新鮮な花や水を見て、すべての人が支え合ってい…

財は多ければ多いほどいいわけではない

そのうち宅配の新聞を取るのは老人だけになりそう。印刷された紙面が朝夕、配達されるなんて本当に贅沢なことです。東京では新聞配達員の多くが日本語学校に通う外国人留学生になっているらしいですが、こんな寒い季節、夜明け前に起きて配達に向かうのは、…

裏道は用心して履(ふ)むべし

年初に箱根駅伝のテレビ中継を見るのは、極めて運のいい人たちの姿を拝みたいから。 陸上を志して箱根路を走るためには、才能と努力だけでなく、運も必要です。 親の理解があるか。そこそこのレベルの陸上部がある高校に進学できるか。そして、どの大学を選…

人は変わるし、変わらない

2020年こそは、もっと家をきれいに保ち、お酒の量を控えたい。だらだらネットを見るのもやめたい。 しかし、年が変わったぐらいで人間が変わるわけがありません。元日から掃除をするのもはばかられるし、朝からお屠蘇を飲んで気が付いたら夕方。早くも1月1…

バランスのいい人生なんて真っ平

北海道の雪のニュースを聞くたびに、本格的な冬の訪の前に釧路を旅した幸運をかみしめています。11月中旬、JALの「どこかにマイル」でたまたま釧路が当たったのですが、広々とした澄みきった青空を見ただけでも行った甲斐がありました。 釧路湿原や摩周湖…

フィンランドからのクリスマスプレゼント

だらしない性格を直したいと願っているのに、改善されません。 英語で"organaized"。住まいがきちんと整っているだけでなく、約束はしっかり守り先延ばしをしない。段取りがいいからあわてることもない。 そんな人に私はなりたい。しかし現実は"unorganaized…

人生を変えた読書 呂不韋と高島嘉右衛門

来年に思いを馳せると、自分の運気より株式市場の動きが気になります。来年は市場が冷えそうな庚子(かのえね)の年。下がった時に株を買い、高値に転じるのを待つわけですが、タイミングを読むのは本当にむずかしいものです。 株をやっているなんて、あまり…

二重窓設置でようやくリノベ完了

築20年のマンションをこの春にリノベしました。 女性誌に風水の原稿を書いて、住環境の重要さを説いているのですから、自分の思い通りに改造してみようと思ったのです。 bob0524.hatenablog.com ちきりんのリノベ本を読んで二重窓は必須と知ったのですが、役…