翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳ですが、そろそろリタイア状態へ移行中。JALの「どこかにマイル」で日本各地に出没。ウラナイ8で活動しています。

ウ・ヨンウ弁護士のシスターフッド

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』に夢中です。

共感性が乏しく、他者の感情を想像できないのが自閉症の症例の一つ。そんな障害を抱えたヨンウが弁護士として成長していくのがドラマの見所です。

 

ヨンウの幼少期のエピソードが随所に挿入されます。

男手一つで障害児を育てる父の苦労。

「あの子(孫)は私が育てるから、あなたは再婚しなさい」という自分の母親からの電話を切って、娘のところに向かう途中、素足でおもちゃを踏んでしまった父。「痛い!」と叫んで転んでも娘はブロックを正確に並べることに夢中で父のほうを見ようともしません。父の目に浮かぶ涙が印象的でした。

 

人の心はわからないけれど、記憶力は抜群で成績のいいヨンウは学校でいじめられます。高校時代にかばってくれた風変わりなグラミとは、特別な挨拶を交わす親友になりました。

 

そして、ソウル大学法学部とロースクールの同級生で、大手法律事務所で同僚となったチェ・スヨン。私が最も好きな登場人物です。

スヨンは完全な善人ではありません。障害を持つヨンユを手助けしてきたのですが、試験があると常にトップはヨンウで、内心もやもやしてきたようす。日本女性も生きづらいけれど、韓国女性もかなり大変そう。

 

bob0524.hatenablog.com

 

やっとの思いで入社できた大手法律事務所に後からヨンウが入って来て、複雑な思いだったでしょう。でも、ヨンウを見捨てることはできず、腹黒策士とチームを組まされたヨンウが失敗しないように助言します。

自閉症のヨンウは決まった味のものを好み、食事はいつもキンパプ(韓国式海苔巻き)。ペットボトルのふたが開けられません。

「腹黒策士」「どたばた」と呼び合っていることを知って、スヨンは「私にもあだ名をつけて」。

「童顔スヨン?」「美女スヨン?」と候補を自分で言うのですが、ヨンウの答えは「違う、そうじゃない、あなたは…春の日差し」。


www.youtube.com

このシーン、何度見ても涙腺が崩壊します。

ロースクール時代、講義室の場所や休講情報、試験範囲を教えてくれて、私がからかわれないようにしてくれた。

今もふたを開けてくれて、のり巻きの日は教えると言ってくれる。

あなたは明るくて、温かくて、思いやりにあふれた人なの。

春の日差し、チェ・スヨン

期待もしていなかった言葉に驚き、心を震わせるスヨンの表情。この女優さん(ハ・ユンギョン)も上手だなと思います。

 

腹黒策士はその後、ヨンウが親のコネで入社したことを匿名でネット掲示板に書き込みます。日本ではコネ入社はそれほど問題になりませんが、競争が激しい韓国では大統領の失脚につながるほど大問題なんでしょう。

会社の人たちに噂されるヨンウをかばって、スヨンは「ソウル大学首席卒業なのに障害のために入社できなかったのが間違っている」と大声で宣言するシーンも感動的でした。

 

釜山を旅したのは2018年の初夏でしたが、いたるところで春の日差しのような優しさを感じました。

空港のバス乗り場では、こちらが何も言わなくても行先のホテルを確認して乗るべきバスを教えてくれた親切な係員がいました。

 

タクシーで従軍慰安婦像の前を通り、思わず身を固くしていると「昔にこだわっている頭の固い連中はどうしようもないね」と運転手さん。

 

そして店番を放り出して探していた海鮮料理店に案内してくれたお姉さん。教え子の紹介だというと、満面の笑みを浮かべた食堂のおばさん。

bob0524.hatenablog.com

釜山には気軽に何度も来れると思っていたのに、コロナで中断。また訪れたい場所です。

 

国力とエンタメ業界

日本語教師養成講座で「言語の学習者の数は国力に比例する」と習いました。

 

日本語ブームが起きて大量の留学生を日本に送り込んできたベトナム技能実習生の劣悪な労働環境が知れ渡ったのに加え、円安で日本語を学ぶ学生は大幅に減っているそうです。

 

私が非常勤の日本語教師として教壇に立ったのは2017年。「日本はすごい」という残像があったおかげで、日本語教師が不足して50代未経験でも講師に採用されました。

日本の漫画やアニメが好きな欧米のオタクに日本語を教えていたのですが、少なからぬ学生が「韓国の音楽やドラマが好きで韓国に留学したかったけれど、親の勧めで日本にした」と、ネトウヨが憤死するようなことを言うのです。親世代は日本経済が最強だった時代のイメージを引きずっているのでしょう。

 

経済の敗北は為替の弱さにストレートに反映されますが、文化の弱さは留学生や観光客の減少につながっていきます。

 

小津や黒澤の映画は世界中に影響を及ぼしました。bob0524.hatenablog.com

 

ガルシア=マルケスの『物語の作り方』でも、死の宣告を受けた公務員が聖人となるストーリーで「黒澤の『生きる』ではどうなっている?」と黒澤映画を観ることが映画人としての教養になっていて、日本人として誇らしい気持ちになりました。

 

公共放送が制作する朝ドラの『ちむどんどん』が日本の停滞を象徴しているようで暗澹としていたところ、文芸評論家の斎藤美奈子のコラムで『ウ・ヨンユ弁護士は天才肌』という韓流ドラマを知りました。

『ちむどんどん』の評判が最悪である。登場人物の誰も学習せず成長しない。対照的なのが『ウ・ヨンユ弁護士は天才肌』だ。新たな事案のたびに学習し一人前に成長していく努力した人が報われる社会であってほしいという願いを暢子は裏切り、ヨンウは応える。

 

辛口の斎藤美奈子が絶賛しているのだから、きっとおもいしろいにに違いない。期待以上のドラマでした。

 


www.youtube.com

 

自閉症スペクトラムの天才弁護士とい役柄には苦労したことでしょう。どこかぎこちなくて、普通じゃないところを表現。かといってやりすぎると自閉症の人や家族を傷つけることになります。パク・ウンビンはこの役を引き受けるかどうか悩み、専門家に相談しながら演技練習を重ねました。

 


www.youtube.com

 

 

釜山の朝日が見えるお寺に湧き出る霊水。左のハングルは読めなくても、右の漢字を読めばだいたい意味がわかります。

 

欧米のドラマより身近。でも日本と同じじゃない。その微妙な関係が韓流ドラマのおもしろさです。願わくば、日本からも韓国や世界を夢中にさせるコンテンツを発信してほしいものです。

 

マジックリアリズムとドラマの脚本

NHK朝ドラ『ちむどんどん』がようやく終盤。

半年間の長丁場ですから、帳尻合わせの回ができてしまうのはしかたがないのでしょうが、斜め見していても首をかしげることばかり。毎朝の感動までは要求しませんが、あまりにも安直な展開が続くと、このドラマは物語の冒瀆だと思ってしまいます。

uranai8.jp

 

東京は100人の小さな村で飲食店はほんの数軒だけ。杉並と鶴見は近隣地区。沖縄も東京からそう遠くない島で家族は何かあるたび気軽に上京。ドラマの展開に感情移入できれば、そういう設定でも受け入れられます。

 

あまりの批判の声にNHK会長が「ドラマということでご理解いただきたい」とコメントしましたが、ドラマだからこそフィクションの世界を本物だと錯覚しながら楽しみたいのです。

 

『ちむどんどん』口直しに読んでいるのがガルシア=マルケスの『物語の作り方』。

ガルシア=マルケスが主催した脚本のワークショップ記録です。

ドラマのリアリティについては、「現実というのはどの程度までたわめ、ゆがめることができるのか、本当らしく見える限界というのはどのあたりにあるのか」を見極めろとガルシア=マルケスは説きます。

「人物造形がうまくいかない時は、まずイメージを見つけよ」「奇抜な理由によるドラマの展開は視聴者に受け入れられない」「自分の知らないことや身近に感じられないことは書くべきじゃない」というアドバイスの数々。

 

マジックリアリズムの金字塔『百年の孤独』のリアリティについて。

百年の孤独』は最初の1ページから最後の1ページまですべてフィクションなんだ。だけど、何年も前から文学の先生やツーリスト、それにかなりの数の読者がわたしの生まれた町であるアラカタカへ行って、マコンドがどういうところか自分の目で確かめようとするようになった。

旅行者たちは小説の舞台がどこなのか、熱心に探索します。そのうち本を読んでもいない子供たちが聞きかじった話をもとにバス停で客引きをするようになったそうです。「レメディオスの家を見学される方はこちらです」「ブエンディーア大佐が縛られていた木へ案内します」など。

最初の1ページから『百年の孤独』に引き込まれた私も、コロンビアを訪れることがあれば嬉々として子供たちの案内について行くことでしょう。東京ディズニーランドを訪れる人だって、千葉県であることをしばし忘れ、夢の国だと信じるから楽しいのです。

 

「フィクションが現実に取ってかわり、作り話がやがて歴史になってしまうんだから、とんでもない話だ」とガルシア=マルケスは言いますが、そんなフィクションや作り話の世界で遊びたいのです。

 

コロナ前の2019年9月、スペインのカディス港には大型客船が入港していました。船名は"WORLD ODYSEY"。平和なクルーズであっても、乗客一人一人にとってはホメロス叙事詩となるほどの冒険の旅です。

カミーノ計画、始動

コロナ前の最後の海外となったのが2019年秋のスペイン。南西部の港町、カディスまで南下しました。この時は夫と二人旅。

bob0524.hatenablog.com

 

2020年は4月に台湾、6月にウラジオストックに行く予定で航空券も買っていたのですがコロナでキャンセル。気がつけば3年間、海外にも行かず英語も話していません。

 

コロナワクチンを3回以上接種していれば、帰国時のPCR検査が不要になったとのこと。これで海外旅行のハードルが少し下がりました。

 

どこに行きたいかとなると、スペインの巡礼です。いつか行きたいと思っているうちに、年齢的に不可能となりそう。

bob0524.hatenablog.com

 

来年あたり行けるかもしれないと思い、あれこれ考え始めました。

現在執筆中の書籍は来年の夏に校了予定。スペインの夏の日差しは強烈なので、夏の終わりに出発しよう。標高の高い地は一気に寒くなるので防寒具も持っていかなきゃ。全長800キロを1日20キロのペースで歩けば40日間だけど、疲れて休む日もあるとして、日本とスペインの往復も入れると50日ぐらい?

 

週刊誌の連載は自分で企画を立てて書くので7回分ぐらい書き溜め。巡礼宿にはWi-Fiがあり、携帯タブレットで編集者から送られてくるPDFを開いて校了できます。

問題は月刊誌の翻訳記事。編集者から送られてくるアメリカの業界新聞のデータを日本人読者向けに記事にまとめているので、書き溜めができません。現地で翻訳作業をするのはとても無理。こちらはそろそろ潮時かもしれません。

 

この年になってバックパックで海外に出ることはないだろうと思っていたのですが、巡礼なら話は別。シャーリー・マクレーンも60代で歩いています。

f:id:bob0524:20220913155922j:image

右下の『わたしに会うまでの1600キロ』がそもそもの始まりです。本は世界を広げてくれますが、実際に体験してみたい…。その一方でわざわざスペインに行かなくても日本で歩いても一緒ではないかという気もしています。

バンコクでヴィッパサナー瞑想の師に「あなたは、バンコクにもいるし、東京にもいる。今この瞬間、世界中どこにでもいる」と教えられました。歩くためだけにわざわざスペインに行くと告げたら「結局、何もわかっていない」とあきれられるかもしれません。

 

bob0524.hatenablog.com

 

スペイン巡礼の準備の本にはこんな一節が紹介されていました。

巡礼を思い立ち、準備をし、家を出るまでが9割、歩いてサンティアゴにたどり着くのは残りの1割に過ぎない。

歩き出す前に考えること、準備することが山のようにあり、カミーノ計画はもう始まっています。

 

すあまの女神

9月のJAL「どこかにマイル」は、鹿児島・松山・札幌・帯広の組合せを選びました。鹿児島なら指宿の断捨離リトリート、松山なら道後温泉、札幌なら支笏湖温泉と考えていたのですが、帯広に決定。駅周辺に温泉・サウナ付きの手頃なホテルがたくさんある帯広。長期滞在したいほど好きな街なので、喜び勇んで出発しました。

 

今回はプレミアホテルCABIN帯広へ。

森のスパリゾート北海道ホテルは、本格的フィンランドサウナで露天も水風呂もすばらしいのですが、繁華街からちょっと離れていて、ホテルにこもってしまいがち。

ドーミーイン帯広は、サウナに加えて露天にもテレビがあるので、ととのうことに集中できません。

十勝ガーデンズホテルは、テレビなしのサウナはいいのですが、外気浴ができません。脱衣所の横にスペースはあるのですが、覗き対策の目隠し設置がむずかしいのか、ドアに鍵がかかって外に出られませんでした。サウナ検索サイト「サウナイキタイ」の情報によると男湯のみ外気浴スペースがあるそうです。残念。

そしてようやく巡り合った最高の宿がプレミアホテルCABIN帯広。茶褐色のモール温泉に水風呂は井戸水汲み上げ、そして風が通り抜ける外気浴スペース。

 

ここは立ち寄り湯でもあるので、地元の人もいます。

サウナ、水風呂、外気浴のセットの合間に脱衣所に水を飲みに行ったところ、冷水器の前に車椅子。介助なしで入浴はできるけれど、長い距離は歩けないご婦人が一人で来ていたのです。

「ごめんなさい、邪魔で…」とご婦人。

「そんな、手を伸ばせば紙コップが取れるので、まったく問題ありません」と私。外気浴でしっかりととのっているので上機嫌です。

ご婦人は唐突に「すあま、好き?」と聞いてきます。すあま? 西日本出身の人間にはなじみの薄いお菓子です。

「私はすあまが大好きなんだけど、売っていないことが多くて。今日は和菓子屋さんで見つけてたくさん買ったから、食べてみて」と、買い物袋から紅白のお菓子を取り出して渡してくれました。

 

ピンクと白の色合いがかわいらしくて喜んでいると、ご婦人はもう一つ出して二個もくれました。ホテルの部屋でお茶を淹れていただきました。「十勝産だからおいしいですよ」という言葉通り、優しい甘さが気に入って、すっかり好物に。

 

大阪のおばちゃんはアメを配りますが、さすが北海道はスケールが大きい。自分がおいしいと思うものを旅人にも味わってほしいという純粋な親切心。

そろそろ私も、見返りを求めずちょっとしたものを配れる高齢の女性になりたいものですが、修行が足りずまだもらう側のようです。

 

思うように体が動かなくなって車椅子を使うようになっても、一人に温泉に来る。おいしいものを見つけたら、人に配る分まで買って気前よく渡す。まるで女神のように神々しいご婦人でした。そんな人生の先輩に会えただけでも、帯広に来た甲斐がありました。