翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳ですが、そろそろリタイア状態へ移行中。JALの「どこかにマイル」で日本各地に出没。ウラナイ8で活動しています。

世界

すべての母には毒がある

シスターフッドに興味を持ったのは、岡田育『我はおばさん』を読んだから。 母と娘の関係はどうしてもこじれる。だからこそ、縦の関係じゃない斜めの関係、血縁の伯母さん・叔母さんに加えて通りすがりのおばさんの存在が女の人生を救うことがあります。 NHK…

ウ・ヨンウ弁護士のシスターフッド

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』に夢中です。 共感性が乏しく、他者の感情を想像できないのが自閉症の症例の一つ。そんな障害を抱えたヨンウが弁護士として成長していくのがドラマの見所です。 ヨンウの幼少期のエピソードが随所に挿入されます。 男手一つで障…

国力とエンタメ業界

日本語教師養成講座で「言語の学習者の数は国力に比例する」と習いました。 日本語ブームが起きて大量の留学生を日本に送り込んできたベトナム。技能実習生の劣悪な労働環境が知れ渡ったのに加え、円安で日本語を学ぶ学生は大幅に減っているそうです。 私が…

マジックリアリズムとドラマの脚本

NHK朝ドラ『ちむどんどん』がようやく終盤。 半年間の長丁場ですから、帳尻合わせの回ができてしまうのはしかたがないのでしょうが、斜め見していても首をかしげることばかり。毎朝の感動までは要求しませんが、あまりにも安直な展開が続くと、このドラマは…

カミーノ計画、始動

コロナ前の最後の海外となったのが2019年秋のスペイン。南西部の港町、カディスまで南下しました。この時は夫と二人旅。 bob0524.hatenablog.com 2020年は4月に台湾、6月にウラジオストックに行く予定で航空券も買っていたのですがコロナでキャンセル。気…

「お客様は神様」時代の終わり

コロナで医療崩壊が報じられましたが、レストランやコンビニもスタッフが確保できず一時的に休業しているところがあるそうです。コロナが収まっても、今のペースで高齢化が進む上に円安で外国人労働者がいなくなれば空前の人手不足です。 そのうち客が店を選…

占いや宗教自体は悪くない

連日続いている旧統一教会の報道。 占いを仕事の種として、精神世界に興味があり、ケネス田中先生の仏教講座にも熱心に通いました。一歩間違えれば、報道される側になったかもしれません。信者と私を隔てているものが何なのか知りたいのです。 元信者で今は…

『失われた岬』とサウナ

旧統一教会と関わった政治家は、時間の経過とともに国民は忘れると踏んでいるのかもしれませんが、今のところ報道は続いています。 なぜ世俗の生活を捨て、特殊な集団に入る人がいるのかが知りたくて、篠田節子『失われた岬』を読んでみました。 なかなかた…

旅の荷物は最小限に

グランマ・ゲイトウッドことエマ・ゲイトウッドは1955年5月3日、全長3000キロのアパラチアン・トレイルの南端に立ちました。地図、寝袋もテントも持たず、サンタクロースのような巾着袋を肩に担いで歩きました。その中身。 ウィンナーソーセージ、レーズン、…

グランマ・ゲイトウッドにあこがれて

これこそ、私が読むべき本だと手に取ったのが『グランマ・ゲイトウッドのロングトレイル』。 昨年、シェリル・ストレイドの『わたしに会うまでの1600キロ』を読んで長い距離を歩いてみたいと思うようになりました。 bob0524.hatenablog.com 私の年齢に近いの…

誠実なだけでも、知的なだけでも十分ではない

連日の旧統一教会と政治を巡る報道。 有名人の合同結婚式や霊感商法が大々的に報じられたのが、1992年。あれから30年もたっているので、知らないという人も多いのでしょう。 しかし、いい年をした政治家が「知らなかった」で押し通せるのでしょうか。そんな…

ヒップホップの守破離

ズンバのレッスンで生きる喜びを満喫しています。 コロンビア出身のベト・ペレスが考案したエクササイズです。エアロビクスのインストラクターをしていたペレスがレッスン用のテープを忘れてしまい、お気に入りのラテン音楽用のテープで即興の振付でレッスン…

スピリッツを高揚させる4つの方法

カルト宗教ほどではないけれど、誰しも何かに囚われて生きています。 私はアルコールに囚われています。体に悪いとわかっていながら、日が暮れるとビールやワインに手が伸びます。そこで読んでいるのが「飲まない生き方」。 蒸留酒(スピリッツ)の語源は魂…

カルトの免疫

今の若い人は、合同結婚式や地下鉄サリン事件を知らないから、カルトに入信するリスクが高いそうです。芸能人やスポーツ選手が参加する合同結婚式がワイドショーで報じられていたのは1992年で、地下鉄サリン事件は1995年。10代や20代の若者にとっては遠い過…

ゆで卵で考える仕事の本質

穂高養生園のマクロビ料理は、評判通り手間暇かけられたすばらしいものでした。 ある日の朝食。厨房から香ばしい匂いと揚げ物の音がしていました。コーン、さつまいもとワカメを米粉でかき揚げにしてあります。春菊の花も食べられます。野菜は穂高養生園の農…

俗世でサバイバル

穂高養生園から自宅へ戻りました。 あの独特な雰囲気は何と表現したらいいのでしょう。呑兵衛の私がお酒のことを一切思わない空間。そして、朝10時半、夕方5時半の一日二食でお腹がすくこともなく、近辺のトレッキングコースを歩き回っていました。そして温…

名もなき道を歩く

コロナで海外が遠くなり、気がつけば浦島太郎状態。 ニューヨークではラーメン一杯が2000円とか2500円というニュースを耳にしました。国内旅行と同じ感覚で海外に行くことはもうないのかも。 アメリカの社会学者が『ジャパン・アズ・ナンバーワン』を出した…

人生のピークは、いつだって今

お世話になっている原稿執筆カフェの川井拓也さんのインタビュー記事。 hatawarawide.jp 川井さんの本業は映像関連。2019年にお酒を飲みながら対談できるスタジオをオープンし番組制作をしていたところ、2020年にコロナ禍。そこで原稿執筆カフェのアイデアが…

一人旅の楽しみ

先日の出雲旅行。 友人の優春翠に会いに行くのが目的でしたが、到着初日はドーミーイン出雲に一人泊。 夕食は名物の割子(わりご)蕎麦。丸い漆器に盛られ、だし汁をかけて食べます。 お店の女性から「一人旅ですか?」と聞かれました。「そうです」と答える…

ゆるいつながりが交差する中継点

3カ月ごとに参加している玉紀さんのインナーチャイルドの会。 uranai8.jp こんなに楽しいのなら、毎月参加しようかと思うのですが、3カ月という時間を置くからこそだと自制しています。 オンラインの会なので、日本各地から参加者がいます。顔なじみの方も…

那覇市役所の食堂で国の光を観る

コロナ以前、JALの上級会員ステータス獲得のためにいわゆる「マイル修行」をしました。搭乗回数が一気に稼げる沖縄の島々を巡るアイランド・ホッピング・ツアーにも参加。その時知り合った女性、もともとは鉄子で「日本の駅をすべて制覇する」という計画を立…

原稿執筆カフェで環境の力を痛感

高円寺にできた原稿執筆カフェ。ネット上だけでなく日本と海外メディアから取材されているそうです。 ・入店時に受付で何文字の原稿を何時までに執筆するか記入する ・店長が1時間ごとに原稿執筆の進捗を尋ねる ・原稿執筆が終わるまで退店できない 自宅で…

どの道を歩いても、巡礼となる

ウラナイ8の天海玉紀さんが主催するウォーキングツアーに参加しました。 lady-joker.com 杉並区の善福寺川は、毎年、お花見を楽しむ場所。桜が満開だった川沿いは、1か月たつと新緑に覆われていました。 例年この時期は汗ばむほどの陽気になることもあるの…

読書より体験

先週、ウラナイ8の夏瀬杏子さんに誘われ、伊豆高原のやすらぎの里へ。火曜日の夜に杏子さんから連絡があり、翌々日の木曜の朝には出発。検討する暇もなかったから、もう二度とやりたくないと思っていた断食に挑戦することができました。 親しい人に声をかけ…

書かないと、なかったことになってしまう

ライターの仕事を30年以上続けてきて、私にとって書くことは原稿料を稼ぐためのものでした。活字媒体の減少から締切に追われることも少なくなるとともに、そろそろリタイアの年齢を迎えています。 「年を取ると、どんなことも忘れる一方。書いておかないと、…

アラブ人とユダヤ人、ロシア人とウクライナ人

先月のオンラインイベント「開運虎の巻」で紹介した『自分の小さな「箱」から脱出する方法』。 続編と位置付けられていますが、前書の20年前という設定の『2日で人生が変わる「箱」の法則』。ユダヤ人とアラブ人の民族的対立がストーリーの軸になっています…

世界はおそろしくて、やさしくて、おもしろい

先日ネットで話題になった、インドのチャイ事情。 togetter.com 大阪のおばちゃんの「飴ちゃん」と同じく、インドでのチャイは「初対面の人との距離を縮めたり、親愛の情を伝えるコミュニケーションツール」という声も。 インド旅行者の反応は「そんなこと一…

ゼレンスキー大統領が演じる役

「キエフにとどまる」と宣言しているゼレンスキー大統領。西側諸国からキエフを離れて亡命政権の樹立を持ちかけられても、応じる気はなさそうです。 アメリカがアフガニスタンを見捨てた時、飛行機にしがみついてでも国外に逃げようとする人々がいました。降…

ウラジミールには用心せよ

昨年の夏、NHKが「映像の世紀」全11回を再放送。20世紀の前半は世界的な戦争が続いていたとんでもない時代でした。 1914年に第一次世界大戦が勃発し、ヨーロッパの若者たちは「クリスマスまでには帰れれる」と出征。結局、帰国できたのは4年後でした。 2020…