翡翠輝子の招福日記

フリーランスで女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)やビジネス記事翻訳を担当し、リタイア生活へ。2023年8月下旬からスペイン巡礼に出かける予定。ウラナイ8で活動しています。

2017-01-01から1年間の記事一覧

1週間を52回積み重ねて1年になる

2017年がやっと終わります。 去年から始めた日本語教師。1年9カ月が経過して、そろそろ慣れるはずなのに、授業前はいつも緊張します。時々、学級崩壊の悪夢を見て汗びっしょりで目覚めることもあります。「こんなにつらいことをどうして始めてしまったんだ…

私たちは金魚鉢の中の金魚

先週の金曜日の冬至には、年筮講座をやり、翌日の土曜日には天海玉紀先生のインナーチャイルド講座。 lady-joker.com 前日の講師が受講者で、受講者が講師にとぐるぐる回る展開。 それにしてもインナーチャイルドカードはおもしろい。易とはまた違った視点で…

一陽来復!易で占うあなたの2018年 ありがとうございました

天海玉紀先生のおかげで始まった冬至の年筮講座。 易を学び始めて以来、毎年、冬至には一年間の成り行きを易で占ってきました。易は陰と陽の組み合わせで森羅万象を説明します。陰の力が伸びて、最も日が短くなる冬至を過ぎると、一転して陽の力が伸び、日が…

床に物を置くと運気が悪くなる

片付いていない家は運気が下がるだけでなく、危険です。 実家の片付いていない部屋で段ボール箱に足をぶつけて親指を骨折した私はつくづくそう思います。 実家では80代後半の両親が老々介護で暮らしていましたが、パーキンソン病の母の病状が深刻化し、施設…

幸不幸は自分が決める part2

遠方の両親の後始末が面倒でたまりません。 実家に帰るとストレス解消のためにアルコールに手が伸びます。両親は飲まないので、もらい物の酒が死蔵されていて、せっせと飲んでいます。 実家と同じ市内に兄一家が住んでいます。 兄の奥さんは家事が得意で家は…

旭川「天金」で金は天下の回り物と実感する

旅先では、観光客向けのお店でなく、地元の人が通う店に行きたい。 いつもの旅なら、吉田類のように酒を求めてさまようのですが、雪が積もっている旭川ではあちこちで歩きたくありません。 宿泊したドーミーインにおすすめの飲食店のマップがありました。 ド…

ドーミーインで暮らしたい

旭川の旅で最も満足度が高かったのがドーミーインの宿泊。 ビジネスホテルというと男性の出張客がメインなのでしょうが、ドーミーインは女性用の大浴場もしっかりあります。 サウナもあるので水風呂完備。交互浴で永遠に入っていられます。水風呂の気持ちよ…

観光地より旅先の日常が見たい

JALの「どこかにマイル」で旭川へ2泊3日の旅。 12月初めの北海道は旅先としては失敗だったかも。とにかく寒いし、雪道を歩くのにも慣れていません。 雪の美術館に行ってみたのですが、バスで向かうのは苦行のようなものでした。本数が少なく停留所で凍…

住めば都、行けば都

何を選択して、何を選択しないか。 選択の数が少なすぎる社会主義は窮屈だし、多すぎる資本主義は疲れます。 bob0524.hatenablog.com 旅は楽しいけど、準備が大変。旅の準備も楽しみのうちですが、「この選択でよかったのか」と考え始めると、旅を楽しむこと…

山風蠱(さんぷうこ) 親の後始末をする

50代も半ばを過ぎた私の両親は80代。この年代は子どもも2、3人いて、「親の老後は子どもが何とかしてくれる」という考えがぎりぎり残っているあたりでしょうか。 両親は、進学も結婚も私の好きな通りにさせてくれました。その点は感謝しているのですが、こ…

2018年は60年に一度の戊戌(つちのえいぬ)の年

年の終わりが近づくと、来年の六十干支(かんし)について考えます。 占いなんて興味ないという方は、「今年は酉年、来年は戌年」と十二支しか意識していないでしょうが、東洋占術をかじると、同じ戌年でも、上に何が乗っているかが気になります。 十二支の…

意志力にも容量があるから、要求水準を高くしない

二日酔いの頭痛を抱えて起床し、体重計の数字におののくたびに、自分を律して生活を立て直したいと思います。 そこで手に取ったのがこの本。 スイッチ! ──「変われない」を変える方法 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: チップハース,ダンハース,千葉…

勉強という暇つぶし

読書も温泉も格好の暇つぶし。 でもベストな暇つぶしは勉強なんじゃないかという気がしてきました。 bob0524.hatenablog.com 勉強というと、字面がよくないのか、やりたくないのに親や先生に強いられて無理やり勉めるイメージです。 小中高と学校が大嫌いだ…

草津にはいつでも行ける

世の中には訪れたい場所がたくさんありすぎます。 あこがれの地のままで足を踏み入れることがないだろう海外の国々があり、「いつでも行けるからそのうち行けばいい」と一生行かずに終わる場所。 先月、初めて草津に行ってみて、「草津にはいつでも行ける」…

易(えき)は変わる。易は変わらない

易の学びはどこまで行っても終わりがありません。 東洋占術は四柱推命を手始めに九星気学、風水と手を広げましたが、最もおもしろかったのが易。そして、収入に一番結びついたのも易です。 占いの収入といっても、対面鑑定ではありません。 私のメインの仕事…

易(えき)で得られた卦を生き方の指針にする

立冬を過ぎると、冬至まで1か月半。 易者にとって一年の始まりは冬至です。 今年の冬至は12月22日。 東洋占術の基本である陰陽五行は季節の流れを陰と陽で示します。最も日が短くなる冬至は、陰のエネルギーが最大になる日。冬至を過ぎると陽が少しずつ伸び…

読書という暇つぶし 『その女アレックス』ネタバレなし

みうらじゅんの「人生は暇つぶし」という言葉を念仏のように唱えています。 「暇つぶし」だったら、思い通りにならなくても落ち込むことはないし、人に過大な期待を抱くこともないはずです。 bob0524.hatenablog.com 温泉というのは、格好の暇つぶしです。 …

草津おのぼりさん紀行

ラフカディオ・ハーンが出雲を「神々の国の首都」と呼んだなら、草津は「温泉の国の首都」でしょうか。 関東に住んで30年近くになるのに、草津に行ったことがありませんでした。 ようやく草津に行くことになりましたが、泊まるところに散々迷って一つに決め…

タロットカードで「死神」が出たら

縮小する一方の活字媒体で生き残るために、易や風水、九星気学などの東洋占術を学びました。女性誌が存続する限り、占いページはなくならないからです。活字の読者の高齢化が進む中、ニーズが高いのはロマンチックな西洋占術ではなく、実利を重んじる東洋占…

人生は暇つぶし

先週末は季節外れの台風襲来。 関東は日曜の夜から月曜朝にかけての台風上陸ということで、日本語学校の休校が決まりました。交通機関が乱れると、外国人学生は対応がむずかしいからでしょう。 いつも日曜日の夜は「明日から学校か…」と、どんよりした気分に…

日常の選択は少なめに、旅の選択は多めに

人生の折り返し地点をとうに過ぎたというのに、毎日、バタバタしてばかり。ゆとりのある生活はいつになったら実現できるのか。 気疲れする原因の一つは、選択すべきことが多すぎるから。いわゆる「選択による疲労(Decision Fatigue)」です。 私のメインの…

フィンランドの光と影

「フィンランドが好き」というと、ゆるふわな森ガールのイメージですが、私はアキ・カウリスマキの映画でフィンランドにハマりました。 『浮き雲』という映画です。不況で夫婦そろって失業する話。登場人物は野暮ったくて口数が少なく、全体的なトーンは暗い…

「何を学ぶか」より、「どう学ぶか」

子どもの頃、学校に行くのが嫌でたまらなかった私が外国人相手とはいえ、教師になってしまいました。 教育現場にも改革の波が押し寄せ、私が受けたような教師が一方的に知識を伝授するスタイルは時代遅れとなりつつあるようです。 ここ数年もてはやされてい…

どの仕事も無理ゲー

好きで始めた日本語教師の仕事。 本業がライターということで、選択科目の作文クラスを教えることになりました。 学生のレベルはさまざま。ひらがなを練習している初心者から、母国の大学の日本語学科で源氏物語を専攻している学生までいます。 始めたばかり…

ディランが歌い、イシグロが書く

カズオ・イシグロを読むようになったのは、彼がボブ・ディランとザ・バンドの大ファンだと知ったから。 ディランだけでなく、ザ・バンドを並べたところにぐっときました。フォークからロックに転向したディランが大ブーイングを浴びていた時代、バックバンド…

自分の中で満足を作りたい

「仕事がうまくいかない、やめたい。猫になってごろごろしたい」「いや、仕事をしないでごろごろしていると、そのうち世間からの承認を求めて厄介なことになる」という思いを行ったり来たりしている私。 一緒に易を学んでいる夏瀬杏子さんは、お母様が私と同…

教室は不思議のダンジョン

日本語学校のある日の作文クラス。 20代のカナダ人学生。社会人で、長期休暇で来日したとのこと。 「ゲームが好き」というので「日本のゲームの『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』を知っていますか」と聞いてみました。 彼はにっこり笑ってこ…

自由に殺されないように

この人生での永遠のテーマ。 なぜ、現状で満足できないのか。承認を求めるのか。 欲が深いからなんでしょう。自分が求められていない状態には耐えられず、無謀なチャレンジをしては神経をすり減らしています。 消耗するとわかっていて、何かをせずにいられな…

下関で金子みすゞと田中絹代を思う

JALの「どこかにマイル」でたまたま北九州に行くことになり、思い出に残る旅ができました。 一泊目の下関をすっかり気に入りました。本州の果てであり、九州はすぐそこ。韓国も身近です。海の幸もおいしいし、しばらく暮らしたいと思うほどでした。 そし…

水曜日はサウナで「ととのう」

ぬるめの温泉が好き。日本で一番気に入っている温泉は島根県の小屋原温泉です。 bob0524.hatenablog.com ぬるいお湯につかって、皮膚とお湯の境界線がわからないくらい長湯します。 サウナはあまり好みじゃありませんでしたが、phaさんのサウナ体験を読んで…