翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳ですが、そろそろリタイア状態へ移行中。JALの「どこかにマイル」で日本各地に出没。ウラナイ8で活動しています。

リセットしては元に戻り、繰り返す人生

ウラナイ8の杏子さんがこのところ不調ぎみ。

火曜の夜に連絡があり、「伊豆高原の断食施設やすらぎの里、二人部屋に空きがあるから行きませんか」というお誘いが。高原館の3泊4日断食コースです。

ちょうど一年前のこの時期、本館に一週間滞在しました。ただし、空腹では仕事も読書もできないので、普通食コースを選びました。

bob0524.hatenablog.com

もう断食は卒業したつもりでした。とにかく空腹の時間をやり過ごすのが大変だから。食事シーンがでてくるので読書もネットも目の毒です。

でも話し相手がいれば、大丈夫かも。気心が知れて共通の話題のある杏子さんは絶好の断食パートナーとなるでしょう。それに、火曜の夜に決めて木曜には出発ですから、迷う暇もありません。2つ3つの用事を大慌てで片付け、東京駅から踊り子号に飛び乗りました。

 

去年滞在したのは本館で、一昨年は養生館。週末の3泊と2泊だけを受け付けている高原館は12年ぶりです。前回も占い師仲間の優春翠と2人部屋で、初めての断食はつらかったけれど、話し相手がいるので乗り越えられました。

 

初日の夕食、具なしのお味噌汁。丁寧に調理された一品ですが、さすがにこれだけではお腹が空きます。断食の前準備で昼ご飯も抜いていますし。

2日目の朝は人参のスムージー、夜はじゃがいものすりながし味噌汁でした。

空腹の極地にあり、「ここを出たら何を食べたいか」と、杏子さんと囚人のような会話。あんなにお酒を飲んでいたのに、お酒よりまず食べ物。特に、甘いものが食べたい。

強い欲望を覚えたのが、自宅の冷蔵庫に入っているニュージーランド産のダブルキャラメルアイスクリーム。最近ハマって常に買い置きしています。1000ml398円と格安なのは、イオンのトップバリューブランドだから。羽田空港JALラウンジで食べたハーゲンダッツのカスタードプディング味よりおいしいと感じる私の舌はどうなっているのか。

 

今日の夜には回復食が出て、明日の朝は普通食。そして、お昼には娑婆に戻れます。

 

初日に参加者の自己紹介があり「昨年、ここの断食コースで4キロ痩せました」という女性がいました。1年後、すっかり元に戻ったのでまた来たそうですが、普通食を選んで日常生活にやすらぎの里のスタイルを取り入れて行きたいとのこと。普通食は一食500カロリーを1日2食、間食がないのでそれなりに痩せます。それでも私は1年も経てば元に戻っていました。

人間は誘惑に弱く、一度の体験ですっかり変わろうとしても無理。リセットして、元に戻って、またリセット。その繰り返しなのかもしれません。