翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳。副業で外国人に日本語を教えていましたが、2019年3月で卒業。フィンランドが大好き。ウラナイ8所属。

テイラー・スウィフトみたいに雑音は振り落とそう

見たい映画やドラマ、読みたい本を思う存分楽しめた外出自粛生活。要請は段階的にゆるんできていますが、定職を持たず自宅で働いているので、あまり関係ありません。

 

月800円しか払っていないのが申し訳ないのがネットフリックス。タブレットで観ているので

Wi-Fiがあれば移動先でも視聴できます。

 

『女帝 小池百合子』の毒気を抜くために観たのが、テイラー・スウィフトの『ミス・アメリカーナ』。

音楽の才能を持つブロンド美人として裕福で理解のある両親、特に母親と最高の相性の元にアメリカに生まれる。ポーカーならロイヤルストレートフラッシュが配られたような幸運な人生です。小池百合子の『砂の器』的生い立ちとなんたる違い! 父親の転勤で音楽の都、ナッシュビルに転居。若くしてデビューしグラミー賞最年少受賞を果たしています。

 

しかし、好事魔多し。

2009年のMTVビデオミュージックアワードの授賞式では、カニエ・ウェストに乱入され「ビヨンセこそ真の受賞者だ」と悪態をつかれます。

それだけではなく、「性格が悪い」「恋人をとっかえひっかえ」とさまざまなバッシングを受けます。

 

そこでテイラーが発表したのが"Shake It Off"。

初めて聴いたのはズンバのレッスン。なんとノリのいい曲だろうと思って歌詞と背景を検索してますます好きになりました。

 

I stay out too late, got nothing  in my brain

That's what people say, that's what people say

I go on too many dates, but I can't make them stay

At least that's what people say, that's what people say

 

Cause the players gonna play, play, play, play, play

And the haters gonna hate, hate, hate, hate, hate

 

Baby, I'm just gonna shake, shake, shake, shake, shake

I shake it off, I shake it off

 

夜中まで遊び歩いて、脳みそは空っぽ

世間がそう言う、世間がそう言う

たくさんデートに行くけど、誰とも続かない

とにかく世間がそう言う、そう言う

 

遊び人は遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ

嫌う人は嫌う、嫌う、嫌う、嫌う、嫌う

 

そして私は踊る、踊る、踊る、踊る、踊る

体をシェイクして振り払う

 

 


Taylor Swift - Shake It Off Official Music Video

 

 

テイラー・スウィフトカントリーミュージック出身なのでアメリカの保守的な白人層には非常に受けのいい歌手でした。カントリーミュージックの女性歌手が反ブッシュを掲げてバッシングされたこともあり、政治的発言はずっと避けていました。

そのためトランプ支持者やKKKから女神扱いされていましたが、2018年の中間選挙テネシー州に「関わらざるを得なかった」と行動を起こします。男女同一賃金やストーカー規制、LGBTQを否定する女性版トランプのような共和党候補者を支持できないことを表明したのです。テイラーのスタッフは「ボブ・ホープが政治的発言をしたか」「身に危険が及ぶ」と反対しましたがテイラーの母親は「とにかくこの子の話を聞いてあげて」と彼女の味方になります。トランプ大統領は「彼女の音楽が25%くらい嫌いになった」と揶揄し、結果的に共和党候補が当選しますが、テイラーにとって大きな一歩でした。

 

そして終盤にテイラーの友達・活動家として登場するのが『クイア・アイ』のジョナサン。そりゃ、同性愛者を排斥する政治家にだまっていられないでしょう。ファブ5のメンバーも登場します。

 

I want to wear pink

and tell you how I feel about politics.

ピンクの服を着て

政治の話をしてみたい。

 テイラーがこの姿勢を貫ける世の中でありますように。

 

f:id:bob0524:20200507213631j:plain

別府の街角で出会った猫。

テイラー・スウィフトは大の猫好きで、日本のワイドショーに出演した時も進行そっちのけで日本の猫に夢中になっていました。