翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳ですが、活字媒体が減少でリタイア状態へ移行中。JALの「どこかにマイル」で日本各地に出没。7人の仲間とウラナイ8で活動しています。

旅のプロ

1年に一度のペースで島根を訪れるようになって10年ほどになります。占い学校で出会って意気投合した優春翠が故郷の島根にUターンしてからです。

一昨年と昨年はコロナで断念。もし私がコロナを島根に持ち込んだら、彼女に大変な迷惑をかけてしまうから。

 

久しぶりの羽田出雲便。JALの「どこかにマイル」ではなく料金を払っての搭乗ですが、貧乏性の私はウルトラ先得の最安値を選ぶので早朝7時10分羽田発。寝過ごすのが不安で4時前に目が覚めました。

 

搭乗時、CAさんにワンピースを「素敵ですね、着物のリメイクですか」とほめられました。沖縄のリゾートホテルの売店で一目惚れして買ったもの。皺にならない紺色のロング丈で、言われてみれば腰から裾まで着物に見えなくもありまぜん。袖なしですが、紺色のTシャツの上から着るとなんちゃって半袖ワンピース。旅先でTシャツだけ洗えるので便利です。優先搭乗の最後のほうで乗客が途切れていたのでそんなことをCAさんに説明したら、すごいですね、旅のプロですねと感心されました。旅が仕事の人にそんなことを言われるとは。

 

優先搭乗できるJALグローバルクラブ会員なのに、JALにあまりお金を落とさず、もっぱらマイル使用。たまにお金を払って乗るのは最安値。もちろんクラスJではなくエコノミー。そりゃ、旅のプロだわと苦笑しました。

旅のお供はとにかく軽いレスポートサック。月の満ち欠け模様が気にっています。「どこかにマイル」で鹿児島になり、やましたひでこさんの断捨離リトリートに行った時もこのバッグでした。断捨離トレーナーたちに「荷物、それだけ?」とびっくりされました。

 

8時半には出雲空港に到着、空港バスで出雲市に。駅の喫茶店でモーニングを食べても10時前です。

まずドーミーイン出雲に一泊。前夜が睡眠不足ですから体調を整えるのと、サウナも水風呂、外気浴もとにかくすばらしい宿だから一人で泊まって心ゆくまで味わいたいからです。

 

駅前のドーミーインに荷物を預けたら、大好きな一畑電鉄に乗って出雲大社へ。「また出雲に来ることができました。よろしくお願いします」とご挨拶。そのおかげで今回も旅を満喫できました。