翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳。副業で外国人に日本語を教えていましたが、2019年3月で卒業。フィンランドが大好き。ウラナイ8所属。

ボブ・ディランの夢と終活

老後は旅人のように過ごしたい。

体の自由がきくうちは、自宅でずっと過ごすのではなく、温泉とサウナ、水風呂のある場所で気ままに滞在したい。自宅は東京都内の駅前にあるので、民泊の条件がゆるくなり、短期貸しで収入が得られるようになれば最高です。

 

そのために必要なのが家の整理。最終的にはトランク一つに私物をまとめることが目標です。

唯一のコレクションといえるのが、ボブ・ディランザ・バンドのCD。海外のサイトで海賊版もどっさり買い込みました。メジャーな曲は配信サイトでいつでも聴くことができますが、マイナーな曲はどうすればいいのでしょう。

  

たとえば、『Bob Dylan's dream』。

With haunted hearts through the heat and cold

We never thought we could ever get old

熱気と冷気に取りつかれた心で

老いることなんて考えもしなかった

 

We thought we could sit forever in fun

But our chances really was a million to one

永遠に楽しく座っていられると思っていた

だけど、そんな確率は100万分の1だった


Bob Dylan - Bob Dylan's Dream (Audio)

 

若い頃にこの曲を聴いて、「たしかに永遠に楽しく座ってなんかいられないよね」と頭の中ではわかっていたのですが、心まで落とし込んでいませんでした。

人生の残り時間が少なくなった今はこの歌詞が迫ってきます。ディランはこれを20代で書いたとは!

 

高齢者の施設に入所後もこうした曲を聞きたいけれど、CDのすべてを持ち込むのは無理でしょう。そもそもCDプレイヤーがなくなるかもしれないし。

 

一方、ディランは着々と終活を進めているようです。

news.yahoo.co.jp

 

楽曲の権利を中途半端な形で残しておくと、子孫のいさかいを引き起こすからではないかと推測しています。お金にしておけば、分割も簡単。見事な終活です。

違法ダウンロードで人々が無料で音楽を手に入れるとアメリカの音楽業界が騒いだ時に「もともと何の価値もないんだから問題ない」と言い放ったという逸話もあるぐらいですから、完成した曲に執着がないのかもしれません。

 

 私のささやかなディランとザ・バンドのコレクションも整理すべきでしょう。今ならCDを買い取ってくれる店もあります。年が明けたらCDを電子化する作業にとりかかります。

 

f:id:bob0524:20200612114320j:plain

老化にあらがうのはドン・キホーテのような戦い。淡々と受け入れることにします。