翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳。副業で外国人に日本語を教えていましたが、2019年3月で卒業。フィンランドが大好き。ウラナイ8所属。

この世はすべてレンタルスペース

エリザベス女王を支えてきたフィリップ殿下が99歳で死去。1947年の結婚当時は、イギリス生まれではなくギリシャの王族で、姉たちはナチス関係者と結婚していたため、かなりの反対の声があったそうです。王族、皇族の結婚に国民が口をはさみたくなるのはどの国も同じなんでしょう。

 

エリザベス女王の名言。

Work is the rent you pay for the room you occupy on earth.

仕事とは、自分が地球上で占めているスペースの賃貸料である。

 

莫大な資産を有するイギリス王室の女王であっても、スペースを借りていると考えていることに驚きました。

 

一人静かなワ―ケーションにこっそり出かけていますが、ホテルが連泊でない場合、チックアウトしてチェックインまでの時間を過ごす場所に悩むことがあります。

 

f:id:bob0524:20210414102422j:plain

熊本の最終日は、空港バスの出発までスターバックスのテラス席で過ごしました。

 

空いているカフェならいいのですが、混雑してくると長居するのがはばかられます。

最近はコワーキングスペースが各地にあり、利用した時間だけ料金を払うドロップインで利用しています。Wi-Fiと電源があり、パソコンが広げられるデスク。ドリンクも飲み放題でカフェより快適です。そんな場所でずっと続けている雑誌連載のため、アメリカのビジネス事情を翻訳していると、自分がどこにいるのかわからなくなります。

 

東京の自宅だって、ローンを完済した、好きな間取りにリノベーションをしたといっても、あの世に持っていけるわけではありませんから借りているようなもの。宗教家は「肉体だって借りもの。寿命が尽きればお返しする」と言います。この世はすべてレンタルスペースだと割り切れば、欲や執着心から解放されるのかもしれません。

仕事に忙殺されていた若い頃は、リタイアしてのんびり暮らしたいと願っていましたが、賃貸料の支払いは一生続けなくてはいけないので、ささやかでも仕事を続けたいと思うようになりました。