翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

エイト・ミリオン・ゴッズ

我が家に滞在中のオランダ人学生、クラウス君。

ホームステイを打診されたのが10日ほど前。短期留学生が殺到する超繁忙期だったこともあり、事前のメール交換もなく、来日当日にいきなりの対面となりました。

どうせまた日本のアニメやゲーム好きのオタクだろうと踏んでいたのですが、予測は外れました。

「日本の何に興味がある?」と聞くと、「日本の文化や歴史」とのこと。趣味はスカンジナビアの小説を読むこと。

これはちょっと困った…。

トーマス君みたいな日本オタクなら、中野ブロードウエイやBOOKOFFに一人で行って楽しみますが、クラウス君はどうおもてなしすればいいのでしょう。

 

そもそも、クラウス君はどうして日本に来たのかというと、これまでヨーロッパから出たことがなく、お父さんに「できるだけ遠くへ行きなさい」と言われたから。

これまでヨーロッパ各地に一人で旅行していたから、家族はまったく心配していないとのこと。「アムステルダムから特急に乗れば、ブリュッセルもパリもすぐ行ける」とクラウス君。

日本留学の申し込みがぎりぎりになったのは、ギリシャでバカンスだったからだそうです。日本語の予備知識は皆無。ひらがなも書けません。

あまりにも大胆でよくわからない展開ですが、会話してみるとクラウス君は知的好奇心が旺盛なことがわかってきました。

 

大学ではカルチュアル・スタディーズを学びたいとのこと。それなら、ひらがなを覚えるより、現地で日本を体験したほうが有意義だから、いきなり日本留学となったのでしょう。

「どうして日本の高校は制服があるの?」「どうして犯罪率が低いの?」といった質問をされました。

日本人の主食は米で、稲作は共同体が団結しなくてはいけないから…みたいな話をしつつ、「オランダだって、堤防の穴にずっと手を突っ込で国を救った少年がいたじゃない」と私。「ああ、ハンス」とクラウス君は吹き出します。はるばる日本まで来てあまりにもオランダ的な名前が出たからでしょうか。

 

そして、質問されっぱなしではなく、こちらからも打ち返さなくては。

「二ホンとニッポンは同じ?」には「ネザーランドとダッチとホランドは?」

「どうして自殺が多いの?」には「安楽死が選べるって本当?」

 

安楽死から宗教談義に発展。

「一部の保守的な宗教者は今でも安楽死に反対している。人間の生死を決めるのは神だからって」

「あなたはそう思わないの?」

「全然。宗教を信じてないもの」

「だったら日本が気に入るかもね。神道には八百万の神がいて、しかも私は仏教も好き。結局、何も信じていないってことかも」

直前まで滞在したギリシャの神話をイメージすれば理解しやすいでしょう。神様だってとんでもない奴がいるし、馬鹿なこともする。

「エイト・ミリオン・ゴッズ! ここ最近で聞いた中で一番いい話だ。日本はすばらしいね」とクラウス君。

 

以前通った英語で学ぶ仏教講座では、神道の神はゴッドではなくスピリット(精霊)と訳すべきだと学んだのですが、800万という数字に加えてゴッドのGを小文字にして複数にすると欧米人にはかなりのインパクトがあります。

 

話は盛り上がりましたが、クラウス君は2001年生まれの16歳。私とは40ほど歳の差があります。

年齢も国が違っても、興味のあることなら臆することなくどんどん会話する。フラットな関係とはこういうことでしょうか。

 

クラウス君の滞在は2週間と最短ですが、いろいろと思い出深い期間となるでしょう。そしてフィンランドもいいけれど、オランダもけっこうおもしろいと思い始めました。

 

f:id:bob0524:20160826161539j:plain