翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えていましたが、2019年3月で卒業。フィンランドが大好き。

今日と同じ日が続くとは限らない

昨日(12日)は横浜で易の読み会の予定でしたが、台風19号のため中止に。とても外出できるような日ではありませんでした。そもそも電車が全部止まりましたから。

9日に「講座を決行したらどうなるか」で易を立てたら水雷屯(すいらんちゅん)の二爻。水に阻まれて進むことができません。主催者の夏瀬杏子さんも私もせっかくの機会だから来れる人だけでも決行しようかと相談していたのですが、中止やむなしです。

 

昨日は台風関連のニュースをちらちら見ながら、本を読んだり録画したドラマを観て過ごしましたが、落ち着かない一日でした。 

私が住んでいる阿佐谷は「谷」と地名にある通り、低い土地です。隣の荻窪も「窪」だから危なそう。2005年9月の集中豪雨では善福寺川があふれ2000世帯以上が浸水しました。そのため区は洪水対策に力を入れてきたようで、善福寺川緑地公園の地下には深さ27メートルの善福寺川貯水池が設置されました。区の行政に対しては、細かい不満はあっても、洪水対策がしっかり施されているのは住民として一番ありがたいことです。

 

陰陽五行の百科事典ともいえる『呂氏春秋』を作らせた呂不韋を描いた『奇貨居くべし』にも、中国では古代から黄河の治水は天下を収める者がなすべき務めであると何度も出てきます。

 

奇貨居くべし (黄河篇) (中公文庫)

奇貨居くべし (黄河篇) (中公文庫)

 

呂不韋の波乱万丈の生涯に比べ、わが人生の平凡なことと思うのですが、自然災害が起こるとそんな平凡な人生が送れるありがたさをしみじみと感じます。東京が水害に強いのは、先人の治水対策の積み重ねの結果です。

 

そして、2011年の東日本大震災の記憶もよみがえって来ました。金曜日だったので、横浜中華街の占いの店にいました。大きく揺れて、筮竹がざーっと床に散らばりました。若いお嬢さんを占っていたのですが、恋愛運より命が大事と横浜市の指示に従って横浜スタジアムに避難しました。

 

東日本大震災後、一時的に占い原稿の依頼は減りました。世の中全体が占いどころじゃないというムードになったからです。今回の台風も各地の深刻な被害が報じられるにつれて世の中の風向きがどう変わるでしょうか。

 

圧倒的な自然の力を目の当たりにして、人間はいかに無力であるかに思い至ります。そして、今日と同じ日が明日も続くとは限らないという当たり前のことにも気づきます。易はそうした変化の兆しをつかむための天からのメッセージですから、世間の空気がなろうと、私は易を学び続けます。

 

f:id:bob0524:20190726095403j:plain

 7月に訪れた犬吠埼。この日はおだやかな海でした。

カディスの赤い酒

スペイン7泊の旅。

マドリードを基点にスペイン鉄道で回ります。夫は風車の村、カンポ・デ・クリプターナで20年前にデジカメで写真を撮った子供たちに再会したいというので、ここは外せません。

そうなるとあと行ける街は2つぐらい。

バルセロナはオーバー・ツーリズム(観光公害)が叫ばれていて、旅行者に来てほしくないみたいだし、キリスト教の聖地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラは歩いてピレネーを超え巡礼してこそ行く意味があるのでは。美食の街として大人気のサン・セバスティアンは地図で見るとほとんどフランス文化圏。

 

最もスペインらしいのはアンダルシア地方。フラメンコや強い日差しに映える白い壁、ひまわり畑など日本人が描くスペインのイメージに近いでしょう。

マドリードから南下してグラナダコルドバセビリアジブラルタルまで行ってモロッコに渡ることもできます。

旅で欲張るのは禁物。行き先を絞ろうと思って地図を見て、目に入ったのが「カディス」という地名。

スペインと新大陸を結ぶ港であり、無敵艦隊がトラファルガーへと向かった軍港です。

そして『カディスの赤い星』。1986年の直木賞受賞作です。スペインにカディスという街があり、そこを舞台に長編推理小説を書く日本人作家がいるなんて。希望の職に就けずに悶々としていた当時の私にはあまりにもまぶしすぎて、読む気になりませんでしたが、カディスという地名はずっと心に残っていました。

カディスにはセビリアから線路が伸びていますから、必然的に行先はセビリアカディスとなりました。

 

カディスの赤い星』、読んでみました。おもしろかったけれど、いかにも昭和のストーリー。「聖徳太子を1枚」と言われても、2024年には福沢諭吉さえ過去になり渋沢栄一となります。携帯電話がない時代、ハードボイルドに生きるのも楽じゃありません。

 

f:id:bob0524:20191006130157j:plain

 

カディスの港には豪華客船も停泊し、上陸した乗客たちがリゾート気分を満喫しています。行きの飛行機で観た『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』は、金持ちの街リヴィエラムーミン一家が浮いてしまうという内容。カディスは「気取らないリヴィエラ」といったところでしょうか。

 

表通りに面したレストランで食べた昼食のパエリアとカディス名物のいかのフライは大味でしたが、それもリゾート地ならでは。

 

夜は旧市街に近いバルに入ってみました。

気候のいい時期ですから、テラス席が好まれ、店内にお客はいません。店のようすを知りたいので、カウンター席に座ってみました。

まずビール。日本ではスペインのビールはあまり評価されていませんが、現地に行けばソフトドリンク以下の値段で生ビールが楽しめます。そして、カウンター上に並んでいるタパスを指さして注文します。魚介類はもちろん、アンダルシアの強い日差しを受けて育った野菜は力強い味わいです。

 

カウンターの中は男性一人でテラス席からの飲み物や食べ物の注文を手際よくさばいています。どんなに忙しくても悲愴な感じはせず、スタッフが楽しそうに働いているのがスペインバルの最大の美点。お酒がおいしくなります。

 

サングリアを作り始めました。計量なんてせずに一気に赤ワインを注ぎ、香りづけのブランデー、炭酸入りのオレンジジュースを加えます。その手さばきがあまりにも見事だったので見とれていると、赤ワインを最後に追加して一杯分をグラスに取り分けて、「味見してごらん」とばかりに私の前に置いてくれました。

 

カディスの赤い星』にちなんで、カディスで何か赤いものを探そうと思っていたけれど、目の前に置いた赤いサングリアこそ私の求めていたものでした。

 

f:id:bob0524:20191004141239j:plain

記念写真を撮らせてもらいました。いかにも味のある顔です。ほぼ満席のテラス席の注文をさばきつつこんな笑顔を浮かべられるなんて、よほどこの仕事に向いているのでしょう。

楽しい没落の国、スペイン

日本語教師を辞めて自由な時間ができたら、南米に行こうと考えていました。

一番行きたいのはコロンビア。生きる喜びを感じるズンバを発案したのはコロンビア人のダンサーだから。そして、愛読しているガルシア・マルケスの国だから。

 

しかし、南米は遠い。

直行便がないのでアメリカで乗り換えて、30時間以上かかります。隣国のベネズエラの政情が不安定だし、のこのこ観光旅行に行っていいものか。だったらアルゼンチンにしようか。JALの国際線を調べると、ブエノスアイレスまで片道10万円です。

 

ところが吉祥寺のスペイン料理店、ドス・ガトス(2匹の猫)で高森シェフと話しているうちに、スペインでいいんじゃないかという気になってきました。マドリードならJALで片道5万円だし。

バルセロナ・オリンピックが開催された1992年、スペイン特集の記事を書くことが多く、高森シェフに取材しました。同い年生まれで出身地も近いことから意気投合し、厄30年近く、誕生日や記念日はドス・ガトスでお祝いしています。

  

スペインに行くなら、と読んだ本。

 

ドン・キホーテの末裔 (岩波現代文庫)

ドン・キホーテの末裔 (岩波現代文庫)

 

ドン・キホーテは騎士道のパロディで、流行の騎士道物語を読みすぎた老人が自分を騎士だと思い込んで冒険に出る話です。

 

作者のセルバンテスは「日の沈むことのない国」とまで称されたスペイン大帝国の時代に生きた人です。イベリア半島に加えて、南米やアジア、アフリカを支配し、領土のどこかで太陽に照らされていました。セルバンテス無敵艦隊トラファルガーの海戦に向かう年にも生きていますから、大帝国の没落の予兆も感じていたでしょう。

 

今の若い人はピンとこないでしょうが、日本も世界でナンバー1ともてはやされた時代があったのです。それが今や、少子高齢化の有効な対策も打てず、じりじりと国力が衰えていくだけ。子供時代は高度経済成長期で、バブル景気時代に働いた私にとってはなんとも心細いかぎりです。

 

どうせ没落していくのなら、少しでも楽しく生きたい。スペインでも少子化は進み、失業率は日本よりずっと高め。没落の先輩であるスペインで人々はどんなふうに人生を楽しんでいるのかを垣間見てきました。

 

たとえば港町カディスの市場に隣接するカフェ、午前9時。

空の買い物カートを引いた高齢のご婦人が来店。常連客なのでしょう、店の人と親しそうに言葉を交わします。いつもの朝食が運ばれてくるとウェイターはやさしくぽんぽんと肩を叩き「ゆっくり楽しんで」みたいなことを言っているようす。食べ終わって店を去る時は、ウェイトレスとハグまでしていました。おそらくこの後に、なじみの魚屋、肉屋、八百屋と回り、同じように歓待されるのでしょう。

 

あるいはセルビアの駅前のバル、午後1時。

ビールが1ユーロという庶民的な店です。店頭にあるショーウィンドーに並んでいるタパスから魚介のマリネを指さして、お皿に入れてもらいます。「とてもおいしい」と店の人に伝えると、わざわざ厨房からコックさんを連れて来るほど喜ばれました。

そこへ現れた常連らしき高齢の男性。店内から「パブロ!」「パブロ!」と声がかかります。もしかしてこの店のオーナーかもと思わせる貫録で、カウンター席から店内を見渡しています。そして、注文しなくても彼の前にはビールが出てきます。

 

東京と違い、忙しそうな人があまりいません。時短とか効率なんて言葉を忘れてしまいそう。バルやカフェで働く人々は、まるで舞台に立っているかのように茶目っ気たっぷりに動きます。手のかかる高齢者や外国人旅行者が来店したら、「これこそ見せ場だ」みたいにはりきるのかも。そして手が空いたら、スタッフやお客との会話を楽しみます。

 

一方、私の老後は西友阿佐ヶ谷店のセルフレジでもたもたして、後ろに並ぶ若者に舌打ちされるイメージしか心に浮かびません。まして、子供を育てていない老人は、少子高齢化の元凶ですから、冷たい目で見られることでしょう。

 

スペインから帰国してからぼんやりしてばかり。東京のせわしない日常を生きるうちに、スペインの記憶も薄れていくのでしょうか。

 

f:id:bob0524:20191006125841j:plain

港町カディスの夜。宿の主人に「ここはどこへ行っても安全だ」と言われ、遅い夕食後街歩きを楽しみました。昼間は暑かったけれど、日没後の気候は快適そのもの。公園のベンチでは若者たちが何が楽しいのか、陽気な笑い声をあげていました。。

まるでガルシア・マルケスの小説に出てきそうな街並み…、それも当然、ここカディスから出航して移住したスペイン人が南米の国々を作ったのですから。

マドリードの空港カウンターでは、南米行きの乗客が大きな荷物を次々と預けていました。スペインに里帰りしたり、ルーツを訪ねて、どっさりお土産を買ったのでしょう。

何かを学ぶと、おまけがついてくる

学校は嫌いだったけれど、新しいことを知るのは大好きでした。英語の単語暗記に嫌気がさしましたが、ボブ・ディランの曲がダイレクトに伝わってくることに感動し、英語を学びました。

 

東洋占術では、自分を生じる五行は母でもあり学びです。自分を充実させるためには学びは欠かせません。

学校を卒業して勉強から縁が切れたのに学ぶなんて勘弁してほしいという若い人は多いでしょう。それなら仕事や恋愛に集中すればいいと思います。そして中年になり長い老後を前にして、もう一度学んでみてはどうでしょうか。義務教育ではないのですから、先生に強いられておもしろくないことを学ぶ必要もないし、試験の重圧もなく自分のペースで知的好奇心を満たせばいいのです。

 

欲の深い私は、社会人になってからの学びは金儲け優先でした。生まれた時代がよかったので正社員で就職できましたが、事務職のあまりの単調さに「これをずっと続けるだけ!」と3日で絶望しました。大嫌いだった学校の方が刺激があっておもしろかった。そこで当時ブームだったコピーライター養成講座に通い、広告会社に転職しました。

 

その後、広告から出版業界に移り、フリーランスで雑誌の原稿を書いていたのですが、専門分野を持ったほうがいいので占い学校で東洋占術を学びました。

uranai8.jp

杏子さんにインタビューされた記事を改めて読んでみると、占いを学び始めた不純な動機に我ながらあきれてしまいます。占い師のプロフィールによくある「幼い頃の神秘体験」「占いで人を癒す」と対極です。

 

世俗にどっぷりつかっている私にとって占いを学ぶことは、収入だけでなく多くのおまけをもたらしました。

 

そして玉紀さんの熱いエネルギーで船出したウラナイ8。鑑定だけでなく講座や研究会も主催していきます。これが本当に楽しいことだらけ。

 

杏子さんの易読み会に顔を出したら、杏子さんと甘夏さんがマギー先生の易の本を持っていたのでお世話になったマギー先生の思い出がよみがえりました。

 

bob0524.hatenablog.com

 

ゆみこさんの天体ドロップ講座には受講生として参加しました。

uranai8.jp

西洋占術は主に形而上の幸せを求めるのに対し、東洋占術は形而下の現世利益を求めるイメージがあったのですが、天体ドロップなら西洋占術で金儲けができる!

現実世界と精神世界は境界線で区切られているではなく、つながっていると実感できた講座でした。

 

そして、まるさんと共同開催した旅講座。

uranai8.jp

これは企画した時から、うまくいくだろうという予感がありました。

旅に出るのは人生に新しい風を入れること。そんな前向きな計画を立てているなら、運気が低迷するわけがないから。知的好奇心があれば旅はもっと楽しくなります。

参加した方々は旅好きだけあって、風通しのよさそうな方ばかり。今後はウラナイ8で現地集合・解散のゆるい合宿も企画したいものです。

 

占いを学んできたから、ウラナイ8が始まって、イベントや講座でさまざまな人ととつながることができました。ウラナイ8の「8」は東洋では縁起のいい数字ですが、名前に負けず発展していきたいものです。

 

f:id:bob0524:20180110132746j:plain

ハノイの文廟(孔子廟)。学問の神様に祈ることで現世での栄達が叶うと信じられています。学ぶこと自体楽しければそれはそれで吉だし、おまけがあれば大吉です。

「水のような心」と「サルの頭」

意志力が弱い。

深酒はやめようと何度も決意したのに、二日酔いで目覚める朝。

そして、ずるずる先延ばししている案件のリストを見るたびに、意志力の欠如にうんざりします。

 

意志力関係の本の大元。

 

WILLPOWER 意志力の科学

WILLPOWER 意志力の科学

 

現在、アマゾンでは品切れ状態で、マーケットプレイスではかなりの高値。こういう本こそ電子書籍にしてほしいものです。

 

意志力のもとになるエネルギーはグルコースブドウ糖)。甘い物や高たんぱくの食品に含まれています。

 

なるほど。伊豆の断食施設に行くと「断食中は生産的なことをやろうと欲張らず、ただゴロゴロしていればいいんです」と言われますが、空腹では意志力が発揮できないからでしょう。友永ヨーガの通い断食はスパルタで断食中も家の片づけをしたり、家族の食事を作るのをカルマ・ヨーガと位置付けていました。それはちょっと無理。断食を続けることで意志力を使い果たしました。

 

脳が疲れると甘いお菓子が食べたくなりますが、砂糖は血中のグルコース濃度を急上昇させたあと急降下させます。GI値が低い野菜、ナッツ、果物、チーズ、魚、肉、全粒粉のパンが推奨されています。

 

精神修養ではない意志力の鍛え方。

生産性向上コンサルタントのデビッド・アレンの方法が紹介されています。

このアレンの経歴がおもしろい。

禅とスーフィー、空手を学び、カリフォルニア大バークレー校の大学院を中退後はセールスマン、奇術師、造園技師、シェフ、ガラス吹き工など職を転々とし、35歳の誕生日には35番目の仕事に就いていたそうです。

 

そんな彼が説く生産性向上は、空手修行から得た「水のような心」。

「静かな池に小石を投げ込んだら、石の重さと力にぴったり合った反応をして、まだ穏やかな水面に戻る。過剰な反応もしないし、過小な反応もしない」

こんな精神状態で仕事をこなしていけたら、どんなにいいことか。

 

そしてもう一つのたとえは、仏教イメージで「サルの頭」。

やるべきことが多すぎて、集中できないのは、木から木へと飛び回るサルのように常に思考があちこちに飛んでいるから。

 

f:id:bob0524:20190829132115j:plain

私の混乱した頭の中は、サルというより、ウサギがあちこちにいるイメージ。 

 

アレンはまずクライアント乱雑なデスクを片付けるのを助けます。書類は1か月31日分と各月用12の合計43の忘備録ファイルへ。これは旅行代理店に勤めていた時に使っていたツールです。忘備録ファイルに入れておけば、処理をしなければならない日には自然に目に入るので、なくしたり忘れたりする不安がなくなります。

 

やりかけの仕事には、NA(Next Action 次の行動)リストを作る。

NAは具体的でなければなりません。「田中さんに連絡を取る」ではなく「電話する」あるいは「メールを送る」。あいまいな指示だと、脳は潜在的な不安を抱えたままになりサルが飛び回るようになるのです。

私の今日の仕事は「翻訳原稿を書く」ですが、その前に「編集者から送られてきたファイルをUSBメモリに入れる」「コンビニで印刷する」の2つのアクションが必要です。

 

そして、2分間ルール。比較的簡単に実行できます。2分以内で終わる作業はリストに入れてはいけません。すぐに取り掛かって終わらせてしまうのです。

 

最終的に目指すのは「ゼロ地点」。やりかけの仕事がなにもない状態です。罪悪感をおぼえずに、読書をしたりズンバのクラスに出られる状態。

そんな状態、働きだしてから経験したことがありません。そのうち仕事がなくなって何もしなくてよくなったら、そんな境地に達することができるのでしょうか。

 

この類の本は読むだけで満足して実行に移すハードルが高いのですが、とりあえず2分間ルールを心がけています。2分間でできることを片付けるだけでも、頭の中の動物は静かになります。