翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

ヘンリク君、日本を再訪

数年前には想像もしなかった毎日を送っています。

まさか外国人相手に日本語を教えるようになろうとは。

 

そのきっかけを作ってくれたのが、フィンランド人のヘンリク君です。

フィンランド人とつながるためにカウチサーフィンを始め、そのサイトを見て、ヘンリク君の通う学校のアコモデーション担当者から連絡があったのが3年前。初めてホストファミリーとなって迎えたのがヘンリク君でした。

 

せいぜい2~3泊にカウチサーフィンに対し、3週間のホームステイ。しかも未成年(18歳)の男の子を預かるというので、どうなるものかと思ったものです。

 

 しかし実際にやってきたヘンリク君は、いかにも育ちのいい聡明な青年で、こちらが教わることのほうが多かった滞在でした。

 

bob0524.hatenablog.com

 

ヘンリク君の帰国に合わせてご両親と弟さんがフィンランドから来日。

お父さんもお母さんも経営修士号取得のグローバルエリートです。特にお父さんはフィンランドの携帯電話会社ノキアの出身ですから、さぞかし波乱万丈の仕事人生を送ったことでしょう。

 

長男のヘンリク君に日本語を学ばせることで将来にキャリアに役立たせようと考えていることは明白でした。「好きなアニメやまんがを原文で読むために日本語を勉強する」という留学生とはまったく違います。

 

ヘンリク君の日本留学に対して彼らが最も期待したのは、日本語力ではなく異なる文化の人とうまくやっていくスキルの習得だと思います。だから寮ではなくホームステイを選び、来日前のメールのやりとりもお母さんが添削するほどの力の入れようでした。

 

お母さん公認のもと、ヘンリク君と私は友達になりました。フィンランド人のいう友達は、一過性ではなく、一生続く関係です。

 

そして私はヘンリク君が学んだ学校で教えることになったのですが、「あなたの学校に就職するためにあなたをホームステイさせたんじゃない。結果的にこうなった。計算高い人間だと思わないでね」と釈明メールを出しておきました。

 

フィンランド人男子の義務である兵役を終え、名門アアルト大学にトップ5%の成績で進学したヘンリク君。日本語の勉強も続けていて、3月末に再び来日すると連絡がありました。

フィンランド発の起業家支援イベント「スラッシュ」のアジア大会が毎年東京で開かれていますが、今年、ヘンリク君はボランティアスタッフとして参加します。

 

またうちに泊まるように誘ったところ、代金を払うとヘンリク君。

そういえばホームステイは有償でホストファミリーには学校から謝礼が支払われました。「私はカウチサーフィンをやっていたから、お金なんて払わなくていいから。あなたはペイイング・ゲストじゃなくて友達なんだし」と返信。

 

サウナ大国のフィンランド人ですから、ヘンリク君は温泉で裸になることに抵抗がありません。前回は都内の日帰り温泉で大いに楽しみました。

 

今回は学校もないし、1泊2日で温泉もいいかと熱海行きを提案しました。

私の英語の時制がいいかげんで、ヘンリク君はすでに温泉旅行を計画しているところに自分が割り込むんじゃないかと誤解して「せっかくの計画を邪魔したくない」とのこと。「そうじゃなくて、あなたの来日を知ったあとに計画した」というやりとりがあり、ヘンリク君、夫、私の3人で熱海に1泊旅行に行くことになりました。

 

こういうご褒美のような楽しみがあると、私の選んできた道はそうまちがってなかったんだと天からお墨付きをもらったような気がします。

 

f:id:bob0524:20171027133444j:plain

天下の名湯は草津ですが、東京からのアクセスを考えて熱海にしました。

ヘンリク君は新幹線に乗りたがっていたし、共立メンテナンスの2LDKタイプの客室もある宿を予約しました。

人生は再現性がない

天海玉紀先生のおかげで、占いトナカイで2回目の「2018年開運吉方位講座」を開催しました。

1回目は2月3日の節分の夜。1回やって、もう十分だと思ったのですが、玉紀先生のリクエストにより2回目が実現しました。

参加者の顔ぶれが変われば、内容も微妙に変わります。これがリアルタイムの講座のおもしろさです。

 

私が作文を教えている日本語学校で、先日、ディレクターの視察がありました。

日本語のレベルも違うし、興味の対象も違う。そんな学生たちに日本語を書かせるためにひとりひとりの課題を与え、質問があるたびに個別対応をしています。

 

bob0524.hatenablog.com

 

作文のクラスは選択科目なので、内容が気に入れば友達を連れて来るし、つまらなければ別のクラスに移っていきます。何文字書かなくてはいけないというノルマもないので、一部の学生にとっては、保健室登校みたいになっているのでは。

 

クラスの目標は、日本語の文法の取得より、自分の言いたいことを日本語で表現できること。

デンマーク人のフレデリックはどんどん日本語が上達して仏教に興味を持ち、諸行無常キリスト教の原罪についての考察について日本語で書いています。

その隣で、ドイツ人のセバスチャンが書いているのは、六本木のクラブで日本人のかわいい女の子をナンパする方法。

ベルギー人のベンジャミンは、ひらがなもおぼつかないので、簡単なイエス・ノーの質問を渡しました。料理をするというので、寿司は作れないだろうと思って「寿司を作りますか」という質問を与えると「はい、寿司を作ります」という回答。

 

この写真を見せてくれました。

f:id:bob0524:20180218003532j:plain

うわー、私の作る巻き寿司より上手です。

 

「どうやって寿司の作り方を学びましたか」と質問すると「YouTubeで」とのこと。教室や教師なんてどんどん不要になっていく時代です。

でも、こんな感じで授業を展開していると、学生から「私のダンスを見て」「私の猫を見て」と声がかかります。リアルタイムでの反応を喜ぶ学生もいるのです。

 

ディレクターからは「作文のクラスは準備が大変そうだし、再現性がない」という評価。たしかに、2クラスで30人近くの学生を相手にして、日本語を書きたくなるような課題を与えるのは一苦労です。

となりの席の学生と同じ課題では明らかに学生は失望するし、「私の書くべきことは?」という学生のリクエストに応じるのは大変です。

 

でも、それこそが、対面授業の醍醐味。教師も学生から学びます。

 

「開運吉方位講座」のご感想、ありがとうございます。大いに励みになります。

 

momoyamasaki.com

 

note.mu

 

再現性がないのが人生。

リアルタイムの出会いは一期一会です。願わくば、今回の講座でヒントを得て、参加者の方々がそれぞれの人生を発展されますように。 

 

 

死後を想像して片付ける

 親の家と自宅を往復するだけで精いっぱいで、親の家の片付けには手が回らないのが現状です。

自宅も荒れ放題ですが、私には死後の片付けをしてくれる子どもがいません。

夫のほうが長生きする可能性もありますが、あまり期待できません。

 

できるところから、物を少なくして、新たに買う時はよく吟味して。

基本的に「買い物断食」で生活しています。食品と消耗品(洗剤やトイレットペーパー)、仕事に必要なパソコン関連品、書籍、プレゼント以外は買わないことにしているのですが、時々、散財したくなります。

 

買い物断食の発想を得たのはフィンランド映画から。bob0524.hatenablog.com

 

買い物をしない一方で、家にある物を減らさなければ。

 スウェーデンの「死のお片付け」を知り、なかなかいいと思いました。

toyokeizai.net

 

自分が死んだ後を想像して、物を処分していきます。

「あの人、こんなものを持っていたんだ」と笑われそうな物は真っ先に処分。

「これは素敵、もらいたい」と思われるような物を残します。

私の場合、海賊版も含めて大量にコレクションしているボブ・ディランのCDは、一括して中古品屋に売れるだろうから、取っておいてもいいでしょう。ノーベル賞も受賞したから、笑われる趣味ではないはずです。

アキ・カウリスマキ小津安二郎監督のDVDもセーフ。ただしレニングラードカウボーイズは…。リーゼントにサングラス、軍服という見た目から変な趣味だと思わるでしょうが、フィンランド好きが高じて日本語教師へと、私の人生を変えた存在ですから、死後に多少笑わることがあっても、取っておきます。

 

私の物欲は文房具に向かうことがよくあります。

書き心地のいいペンとノート、メモ、付箋、シール、スタンプなど。すべて我慢していたら続かないので、時々は文房具を買ってガス抜きしています。

かさばる物ではないし、処分も簡単だから、取っておいても迷惑はかからないか。

 

残された人にとって負担になりそうなのは服と靴。

私の母は自宅で介護を続けることができず施設に入所したのですが、大量の服と靴が残されています。服には流行がありますし、第一、小柄な母の服を私が着ることはありません。

実家にスペースがあるのでそのまま放置しているのですが、母は終活とか自分の死後を考えたことがなかったのだろうかと想像します。

 

「死の片付け」という語感は暗いのですが、物が減ってすっきりすれば、生きるのが快適になります。

 

メメント・モリ(死を忘れるな)」。

死を常に念頭に置いて人生の後半を生きようと思います。

  

f:id:bob0524:20170428130013j:plain

 

介護離職はしない

私は東京、親は神戸に住んでいます。

パーキンソン病を患っている母を父が老々介護していたのですが、限界になり施設へ入所。父は介護保険に加えて自費でヘルパーさんを頼んで、なんとか高齢一人暮らしを続けています。

 

母が発病した当時は、月に一度のペースで帰省していました。フリーランスのライター業はパソコンさえあれば、どこでも仕事ができます。

 

母の施設入所が決まり、兄から「大変だろうから3カ月に一度の帰省でいい」と言ってもらいました。兄は両親と同じ神戸在住です。

 

ところが、その兄が発病。3か月に一度どころか、月に2回帰ることもあります。

 

老後の暇つぶしのために日本語教師の資格を取ろうと思ったのが4年ほど前。

働くのは先でも、とりあえず資格を取っておこう。加齢は待ったなしですから、始めるなら一日でも早いほうがいいと、思い立ったらすぐ講座に通い始めました。

 

日本人なんだから日本語を教えられると思い込んでいたのですが、養成講座に通ってみると、ものすごく大変なことがわかりました。しかも、机の上の勉強だけでは教える技術は身に付きません。

 

実際に教えるのは大変そうなので、親を見送ってからにしようという心づもりでした。しかし、友人の一人が「それじゃあ、親がいつ死ぬか、死を待つことになってしまう」と言いました。たしかにそうなので、見切り発車して教え始めました。

 

どこにいようが締め切りまでに原稿を送ればいいライター業とは違い、教師は必ず決められた時間に教室にいなくてはいけません。会社勤めの経験が短い私には、本当にきつい。しかも教え方が下手で学生からのクレームにおびえる日々が続きました。

昔の日本の教育では先生の言うことは無条件に聞くものでしたが、外国人学生にとって先生はサービス業。払った授業料に見合う価値を求めます。

 

そこまで神経をすり減らしながら教えても、金銭的には恵まれません。 

日本語教師はそれだけで生計を維持するのはむずかしい仕事なので、中高年の女性が多い職場です。親の介護を理由に退職する人もちらほらいます。

 

あまりにも仕事量が多くて、辞めたくなることはしょっちゅう。親の介護を理由にすれば、波風立てずに辞められるかと考えたりします。本業があるので、日本語教師を辞めても経済的に困ることはありません。

 

しかし、親を理由に辞めてしまえば、感情的なしこりが生じます。

「親のために私の人生を犠牲にした」と思いたくありません。半分ボランティアのような日本語教師の仕事ですが、なんとか続けていきたいと思っています。子どもの頃から外国にあこがれていた私には最高の仕事です。

 

幸いにして、日本には介護保険の制度があり、自費を追加すれば高齢者の一人暮らしもなんとか維持できます。私が高齢になった時は、とても父のような手厚い介護は受けられないでしょうけど。

 

介護ヘルパーさんたちの家事能力にはいつも驚かされています。

東京の仕事の合間を縫って帰省する私に「大変ですね」と声をかけてくれますが、私が仕事を辞めてぶらぶらしていたら「なんでこんな人のために介護サービスを提供しなくちゃいけないの」と思うんじゃないでしょうか。

 

介護はハードな仕事です。身内だから介護するのは当たり前という重圧に押しつぶされないように、任せられる部分はプロに任せたほうがいいのでは。むずかしい高齢者の扱いも、賃金が生じるからこそ、割り切って働けるのではないでしょうか。

 

高齢化が進み、介護制度がいつまで維持されるかわかりませんが、とりあえずは自転車操業を続け、介護離職は避けたいと考えています。

 

f:id:bob0524:20170202103511j:plain

 マイルを貯めるために飛行機を利用しています。

月曜日の作文の授業で「先生、私は週末に京都に行って、とても疲れています。たくさん書けません」という学生に、心の中で「あのねえ、私はあなたの2倍以上年上で、京都より遠いところから帰ってきたのよ」とつぶやくこともあります。

 

テレビのないサウナと青い鳥

月火水と日本語学校で教えて、水曜日の夜は解放感でいっぱいです。学校帰りのサウナと水風呂が何よりの楽しみです。

 

bob0524.hatenablog.com

 

サウナと水風呂を繰り返しているうちに、細かいことはなんでもいいんだよ、という気にはなるのですが、サウナのテレビはやっぱり邪魔。番組ならまだしも、コマーシャルの音声は苦手です。

 

新宿のテルマー湯は、広々としたサウナに、水風呂のキレがよくて、休息スペースもゆったりしています。毎週でも通いたいのですが、サウナのテレビがうるさいのに閉口します。私は発達障害ぎみなのか、自分が選んでいない音を強制的に聞かされるのが本当にいやです。

 

自宅の近所に二軒の銭湯があり、サウナも完備しています。

銭湯の料金460円に200~300円なりの追加料金を払ってサウナへ。タオルも貸してくれるので、荷物も軽くてすみます。

 

銭湯のサウナは狭いのですが、テレビがありません。

私が行くのは日本語学校から帰った午後5時ころ。夕食準備の時間帯のせいか、女湯のサウナに入る人はほとんどいません。世の中にこんなに好ましい場所が他にあるでしょうか。

 

見知らぬ土地を旅したい。有名な温泉に入りたい。

そんな思いから、海外や温泉旅行に出かけたものですが、身近なところにも最高のスポットがありました。

メーテルリンクの『青い鳥』じゃありませんが、わざわざ遠くに行かなくても、幸せは近くにあるものだと実感しています。

 

f:id:bob0524:20180103163111j:plain

 私が教えている日本語学校は欧米人の学生が大半のため、お正月休みがありませんでした。近所のサウナが休業だったので、途中下車して中野の銭湯へ。東京の銭湯は年々減っているようですが、営業を続けている銭湯は、どこも店主の個性がにじみ出て、味わいがあります。