翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)、ビジネス記事翻訳。副業で外国人に日本語を教えていましたが、2019年3月で卒業。フィンランドが大好き。ウラナイ8所属。

人生を変えた曲

ある曲との出会いが、人生を変えることがあります。

NHKのアナザーストーリーズ『”ダンシング・クイーン”ABBAと王妃の知られざる物語』を見てそう思いました。

『ダンシング・クイーン』が初めて披露されたのは、スウェーデンのシルビア王妃の結婚式前夜のセレモニーです。

二人が出会ったのは1972年のミュンヘン・オリンピック。語学が堪能なシルビアはグスタフ国王担当のコンパニオンでした。

番組に登場したスウェーデン人の記者によると、グスタフ国王はさまざまな女性と浮名を流したけれど、シルビアに心奪われる決定打となったのは、デートの際に彼女が自分の支払いをして、おごってもらおうとしなかったから。興味深い話です。

 

さて、結婚前夜のおめでたい席なのに、王立オペラ座に入場したシルビア王妃は暗い表情です。この結婚は国民にあまり受け入れられていなかったから。

どの国にも王室や皇室に口を挟む人がいるものなんですね。シルビア王妃は貴族じゃない上に外国人。国王より3歳年上で、スウェーデン語もたどたどしい。しかも、ドイツ人の父親は戦時中にナチ党員だった…。

結婚を前にしてかなり不安が募り、オペラの演目もあまり楽しめなかったのではないでしょうか。そこにABBAが登場。『ダンシング・クイーン』をシルビア王妃に捧げると、しおれた花が水を得たように一気に表情が明るくなります。歌詞はスウェーデン語じゃなくて英語だし。

 

その後、シルビア王妃は率直で明るい人柄で国民に受け入れられます。後のインタビューで「もちろん私は17歳じゃなかったけれど、『ダンシング・クイーン』に大いに励まされた」と語っています。

 

そして『ダンシング・クイーン』は通俗的で中身がないと批判され続けてきたABBAにとっても転機をもたらしたし、オーストラリアでは性的マイノリティを励ます曲となりました。たしかに自己肯定感を上げる曲です。

 

外出自粛が続き、家で楽しめることを探す日々ですが、自分の人生を変えた曲をしみじみと聞くのもいいものです。

私にとってはボブ・ディランの『スペイン革のブーツ』。

 


Boots of Spanish Leather

 

木綿のハンカチーフ』の元歌とされており、男女が入れ替わっています。恋人を置いて出かけるのは男性でなく女性。ニューヨークに残されたディランがヨーロッパに渡った当時の恋人にあてた曲です。

 

bob0524.hatenablog.com

  

f:id:bob0524:20200430113753j:image

去年の秋に旅したマドリード。立派な建物があると思ったら、王宮のあるゾーンでした。

元ニュースキャスターのレティシア王妃も人気がありますが、民間出身で離婚歴のある女性を迎えるのはスペイン王室初。ノルウェー王室のメッテ・マリット妃の父親は麻薬常習者で服役中、彼女自身も麻薬に手を染めたことがあるシングルマザー。ヨーロッパの王室にはまるでドラマのような展開が数多くあります。