翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

身体より先に頭が衰える

 加齢による体の衰えを感じるどころが、高熱が出ても気合いで翌朝までに治してしまします。ところが、頭のほうは完全に弱ってきています。

 

イタリア人のマギーを連れての伊東へ温泉旅行。

マギーは来日4日目だというのに温泉に行ったことがないというので、計画しました。

 

車を使わないので、電車やバスの時間など事前に調べることがたくさんあります。

 

しかし、実際に旅に出てみるとトラブルの連続。

宿の最寄り駅(南伊東)に送迎バスが来るものだと勘違いしていました。

実際は伊東駅でした。そして、伊東駅で予定時刻の数分前になってもやって来ません。他のホテルの迎えのバスは次々に来ているのに…。

おかしいなと思って改札の前まで行ってみると、ホテルの係の人がいて、バスが止まるのは駅からちょっと離れたところだと教えてくれました。あわてて駆けつけてぎりぎりで乗れました。

 

間抜けなことばかりが続きます。

夕食のチケットを忘れてレストランに行ったり、出かける先の割引券をバッグに入れたまま預けて外出しかけました。

 

毎日、毎週のルーティンワークなら、慣れているのでなんとかこなせるものの、旅という非日常の場でどんどんボロが出るのは、頭の働きが相当衰えているからでしょうか。

 

かつて、お茶の水湯島聖堂の陰陽五行講座に通っていたことがあります。

中国哲学研究家で『五行大義』がご専門の中村璋八先生は当時、80代でした。

 

ある日、講座の直前に「中村先生が急病のために休講」というアナウンスがありました。中村先生ご自身は、高齢のため講師を辞退しているのに、無理にお願いして開いてもらっているので、文句を言う受講者はいませんでした。

 

数週間後のこと。開始時間になっても、先生が現れません。事務局の方は「ご自宅に連絡したら、家を出られたとのことなんですが…」と困惑している様子。お年がお年だけに、悪い想像が広がります。

 

後日聞いたところによると、先生は講座の日時をまちがえられて、床屋さんにいらっしゃっていました。

そして、先生からは「こんなことをしてしまって、もう無理です」と申し出があり、講座はなくなりました。

次に先生の名前を目にしたのは新聞の訃報欄でした。

 

どんな立派な先生でも、加齢によりスケジュールが守れなくなるんだ…。

高齢化社会の到来で、70歳、いや75歳まで働くべきだと言われていますが、 個人差があり一概にラインは引けません

世間から求められても、働けなくなる日はやって来ます。ぎりぎりまで続けるか、迷惑をかける前に潔く身を引くか、考えておくべきでしょう。

 

f:id:bob0524:20181109103106j:plain

 「ウェルネスの森 伊東」はリゾートマンションタイプ。個室の寝室があり、食事はバイキングなので外国人を連れていくには最適です。ただ、ちょっと広すぎて居心地が悪いと感じました。