翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

中高年は時間と心のゆとりを

老害クレーマーにならないように、自分のミスは潔く認め、お金を払うこと。

bob0524.hatenablog.com

 

そう自戒したはずなのに、またまた新幹線でトラブル。

 

新幹線はEX予約を使っています。早割だと時間帯によっては東京と新大阪で3450円、新神戸で3700円の割引となり、ICカードをタッチするだけで改札を通れるのも便利です。

 

f:id:bob0524:20171112154217j:plain

 初めて使ったのは、昨年の11月。新大阪から東京へ。「こんなに便利なんだ!」と感動しました。

 

先日、新神戸駅から東京に帰ろうとICカードをタッチすると「新幹線の予約がありません」と表示が出て改札が通れませんでした。

どうして? 予約はまちがっていないはず。確認メールも届いているし。磁気がおかしくなっている? 

二度目にタッチしても状態は同じです。

おかしいと思ってICカードをよく見ると、私ではなく夫の名前が印字されています。

 

あ! 先月、関西に行く夫にICOCAを貸しました。それで返してもらったはずです。夫は自分もICOCAカードを作り、まちがって自分のカードを私に返したのでしょう。

 

予約した新幹線の出発時間まで20分ちょっと。

とりあえず、みどりの窓口に並びました。スマホでログインして予約をキャンセルすればいいのでしょうが、前回の失敗に凝りて、あせったときはスマホの操作は危険だと思ったからです。

 

日曜の午後とあってみどりの窓口には行列ができています。当日の切符を買うだけだから、すぐ順番が回ってくるだろうと思っていたのですが、列はのろのろとしか進みません。

気の利いた人ならパソコンやスマホで予約するし、券売機でも買えます。わざわざ列に並ぶのはIT化に取り残された要領の悪い人とか、私のような間抜けな人間。だから時間がかかるのでしょう。

 

出発時間が過ぎたら、キャンセルできない。間に合うか、間に合わないか…。今からスマホでキャンセルして、窓口で切符だけ買おうか…。冷静にと思っても、頭に血が上ります。

 

ようやく順番が巡って来ました。発車5分前です。

「スマートEXで予約したんですが、ICカードを忘れてしまって…」と予約の取り消しと新規購入をしようとしました。

みどりの窓口の担当者はこんな客をさんざん見てきたのか「決済したクレジットカードがあれば再発行できます」と冷静そのもの。

クレジットカード、それならあります。

「まだ間に合います」とチケットを発券してもらい、ホームを駆け上がりました。一息入れてたら、するすると新幹線がホームに入って来ました。

 

時間の余裕があるように駅に到着し、改札を通ろうとしたのが幸いでした。

お土産を見て回ってぎりぎりに入場しようとしていたら、時間切れだったでしょう。

そして、あとでEX予約のサイトを見ると、クレジットカードがあれば券売機での発見も可能だとわかりました。肝心のことを読んでいない情弱。

 

中高年になったら、時間を効率的に使うなんて大それたことを考えないこと。時間が無駄になっても、ゆとりをもって動くべきです。

 

中高年向きのクラブツーリズムのツアーに参加したことがあります。

参加者のほとんどが集合時間の5分から10分前にバスに戻って来ていました。そして、時間に遅れる人は皆無。

団体ツアーに参加する高齢者は、パソコンやスマホの操作には不慣れでも、こういうところはしっかり自分を律しているのでしょう。年を取ってあわてて動くと、足元もおぼつかなくなり、思わぬ事故につながることもあります。

 

これからは、ぎりぎりのスケジュールを立てず、なんでも早めに、時間のゆとりを持って動こうと改めて自らを戒めました。

 そして、自分の思い通りにならなくても、感情を荒立てないこと。キレる高齢者ほど感じの悪いものはありませんから。