翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

いつでも人を招ける部屋を目指す

この春は、我が家にホームステイしたヘンリク君だけでなく、日本語学校のかつての教え子が次々と来日しました。

南米は遠いイメージがあったのですが、パナマやチリから再び来日する学生も。

ジェシカは日本の大学への進学を考えていて、お母さんと一緒に下見のために来日。漫画好きでとても熱心な学生だったので、よく覚えています。

悲しそうな顔をして「先生、今日は書けません」と言った日がありました。飼っている猫が亡くなったと本国の家族から連絡があったそうです。

「その猫のことを書いたらもっと悲しくなるかな。でも、天国に見送るつもりで書いてみたら…」とうながすと、少しずつ愛猫との思い出を書きました。

「私は覚えています、ジェシカの猫が亡くなった日のことを。ジェシカは本当にかなしそうでした」とお母さんに言うと、

「日本のジェシカに伝えるかどうか迷ったんです。せっかく留学しているのに、と。でも黙っていて、国に帰ってから知るのはよくないと思って」とお母さん。

 

台湾のユーシェンは、大学の同級生2人一緒に日本観光にやって来ました。泊まっているのは我が家の近所のエアビーアンドビーだというので、最寄り駅で待ち合わせました。

日本語学校の学生たちは、けっこうエアビーアンドビーを活用し、満足度もかなり高いようです。日本で民泊なんて定着しないと言われていましたが、着実に時代は変わっています。

6時に待ち合わせて、晩御飯を食べて7時過ぎ。初来日の友人2人は箱根に日帰り旅行に行っているというので、遅くなるようです。ユーシェンを一人きりで宿に帰らすのも気が引けて、「うちに寄ってお茶でも飲んでいかない?」と誘いました。

とは言え、予定していなかったことなので、家の中はけっこう乱れています。誰かが来るとわかっていれば片付けておいたのですが、人が来ないとつい手抜き。

玄関先でちょっと待ってもらってぱぱっと片付けましたが、部屋の隅のホコリまでは手が届きません。ユーシェンは意地悪な子じゃないから大目に見てくれるはず。

 

カウチサーフィンを始めたのが5年前の春。そこから外国人留学生のホームステイ、日本語教師とつながっていきました。

私が担当する 作文のクラスは、「日本語による自己表現をするクラス」を目標にしていますから、通常のクラスより学生と教師との距離がぐっと近くなります。そこで化学反応が起これば、学校を卒業した後も、関係が続きます。

そうした学生が自宅を訪ねてくることもあるでしょう。あるいは、ホストファミリーとと関係がこじれてしまい、緊急に泊まる場所が必要になった学生もいました。

おしゃれでなくてもいいから、少なくても他人に見せても恥ずかしくない部屋をキープしたいものだとつくづく思いました。住まいを整えることは開運にもつながりますし。

 

bob0524.hatenablog.com

    

f:id:bob0524:20161013154425j:plain

 なかなかホテルの部屋みたいにすっきりとはいきませんが…。(観音崎京急ホテル)