翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

ポケモンもイベントも育っていく

阿佐ヶ谷七夕祭りで占いイベントを始めて早くも6年が過ぎました。
手探り状態でスタートして、多くの人の力により、一大イベントとして発展。今や私の手を離れてぐるぐる回っています。

ぐるぐる回るので連想するのがポケストップ
日本語の作文を教えている外国人オタクたちが、こぞってポケモンGOをやっています。
なかなか日本人と話す機会がなかったけれど、公園でポケモンをしていたら、周囲の日本人と盛り上がるそうです。
学生との話題を共有するために私もポケモンGOを始めました。幸いなことに家の中にポケストップが2つあるので、引きこもりでも順調にレベルアップしています。

ポケモンもイベントも、人生も同じこと。行動を起こして回しているうちに成長していきます。

日曜日は占いイベントのお手伝いでタロットバー・アーサに行きました。カウンターの人手が足りなくなったら、桜田ケイ先生の指導の下、生ビールやドリンク、フードをサーブ。玉紀さんやmaruさんが主催してくれた講座の受講生の方が鑑定にいらっしゃてくださいました。

お子さん連れの方から「翡翠輝子さんですね」と声がかかりました。
「5年ほど前、この子が赤ちゃんだった頃に鑑定を受けました」
そういえば、思い出しました。「芯がしっかりしたお子さんだから、どんと構えて育てれば大丈夫」みたいなお話をした記憶が。こんなに大きくなっているなんて。子供の成長を目の当たりにすると、時間の流れを実感できます。
後に、菊池ペコさんだと知りました。ウラナイ・トナカイに在籍後、「占いの行商」という何ともおもしろそうなことをやってらっしゃるとか。

双子座の玉紀さん、乙女座のケイ先生、射手座の私、魚座のmaruさんという柔軟宮人間グランドクロスの4人はそれぞれ雑多な仕事を持ちながら、ゆるくつながりあって、今回のイベントを回しました。
maruさんはインド占星術を習いに行き、私は外国人に日本語を教えに行き、桜田ケイ先生も、タロットを教えたり家庭教師で数学を教えたりで、玉紀さんが案内役に。火曜日夜は4人が集結して打ち上げでした。

数年前に鑑定していただいた、まついなつき先生もいらっしゃいました。
山羊座木星土星を持て余していた私は「なんとかおもしろおかしく、外国人とちゃらちゃら遊びながらやり過ごせないでしょうか」と相談したのですが、「山羊座に『楽しい』なんてことはありません」と即座に却下されました。
日本語教師の資格を取り、冷や汗をかきながら日本語学校で教えているのも、まつい先生の言葉があったからです。

七夕祭りは毎年巡ってくるけれど、みんな1歳ずつ年を取り、イベントに参加される方々の顔ぶれも少しずつ変わっていきます。また気持ちよくみんなでぐるぐる回せる機会がありますように。