翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

回し回され、阿佐ヶ谷七夕祭り占いイベント

今年で4回目を迎える阿佐ヶ谷七夕祭り占いイベント。今年は8月6日(水)〜10日(日)の5日間です。
天海玉紀さんがチラシを作成してくださいました。

2014年阿佐ヶ谷七夕祭り 納涼占いイベント速報
http://tamayura10.blog123.fc2.com/blog-entry-1002.html

まったくの手探りでスタートして、今年は中野トナカイのまついなつき店長を始めとした充実したラインアップです。
3年間、場所を貸してくれた美容室ライズが移転のため、タロットバー・アーサでの開催となります。
去年までは私も占い鑑定をやっていましたが、新しい占い師さんがどんどん参加してフレッシュな風を入れてもらうため、道を譲ることに。夜6時からのバータイムに出没する予定です。

去年の七夕祭りの時期にこんなエントリーを書きました。

チャンスという回転寿司のマナー
http://d.hatena.ne.jp/bob0524/20130811/1376175642

これから1年もたったと思うと感慨深いものがあります。

子供にとっての一年はとてつもなく長いけれど、大人の一年はあっという間。
その理由は、子供は毎日が新しい発見の連続なのに対し、大人は決まりきった日常を送っているからという説があります。
私にとって去年の七夕からの一年間が長く感じられるのは、いつもの年より、おもしろいことがたくさんあったから。
8月末から2週間、フィンランドでカウチサーフィンを活用して現地の人々の暮らしに触れてきました。
この体験により、「残りの人生をどう生きるか」という指針を考えるようになったのです。

今回、フィンランドのジャーナリストのアンネをホストして、剣道修行や島根県川本町に滞在したことで、「フィンランドと日本をつなぐプライベートなリンクを作りたい」という思いが強くなりました。

アンネの剣道の稽古では、最初は同行して場所や時間を確認する必要がありましたが、剣道の用語は世界共通どこでも日本語ですから、後はアンネ一人で通いました。それでも、突然の豪雨で稽古が中止といった事態になると、先生が私に電話をかけてきて、私からアンネに伝えることもありました。

川本町の民泊でお世話になったお宅はなかなかの趣味人で、竹を削って箸を作ったり、掛け軸のコレクションの鑑賞会、蛍狩り、抹茶とお菓子でおもてなしを受けました。言葉のやりとりはほんの少しで、あとは実際に体験するだけですが、いきなり外国人だけで宿泊というのは戸惑うこともあるかもしれません。

日本人は謙虚で、英語をしっかり学んできたのに「英語が話せない」という方が多いようです。教科書を使って机の上で勉強しただけでは、なかなか実際に使えないものかもしれません。
ほんのちょっとした橋渡しがあれば、後はスムーズに流れていくのだったら、その役を果たしたい。

チャンスは常にぐるぐる回し、ふさわしい人のところに届けるべし。
日本に興味があるフィンランド人、フィンランドに興味がある日本人、そして自分の特技や住む地域の良さを外国人とシェアしたいという人。
そんなニーズを回し回されているうちに、何かが生まれて発展するのではないかと思っています。


川本町の民泊でアンネと作った箱寿司。巻き寿司より手軽ですが、木枠が手に入りません。それぞれの家に伝わっているもので、お店で売っていないのです。
9合もご飯を炊くというのでびっくりしたのですが、あちこちに差し入れるためです。回し回される文化がしっかりと根付いているのです。