翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

タロットでつながる音楽と文学

伊泉龍一先生のタロット講座を一年間受けて、折りに触れて「タロット大全」をひもときます。

600ページ近い大作なので、一気に読了とはいきませんが、その時々の興味の対象に応じて読み込んでいます。

トート・タロットを生み出したアレスター・クロウリーについても詳しく記述され、20世紀後半のカウンターカルチャー界で熱狂的な支持を受けたとあります。

興味深いのは、ミュージシャンにクロウリーの人気が高いこと。
レッド・ツェッペリンジミー・ペイジは熱狂的なクロウリー信者で4枚目のアルバムの裏ジャケットにはタロットカードの隠者が描かれています。
また、オジー・オズボーンには「ミスター・クロウリー」という曲もあるそうです。

そして、ビートルズも「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のジャケットにクロウリーを登場させています。
ちょうど「ビートルズボブ・ディラン」(中山康樹著、光文社新書)を読んでいるところだったので、サージェント・ペパーズのジャケットにボブ・ディランも登場していることも知りました。
ジャケットに登場する人物は、ジョン、ポール、ジョージとジャケットのデザイナーのピーター・ブレイクらが候補を挙げ、絞り込まれたそうです。リンゴは他のメンバーに一任しました。ディランは「追憶のハイウェイ61」の顔の部分が使われています。

私はパメラ・コールマン・スミスの絵に惹かれてもっぱらウェイト・スミスパックを使っています。お世話になっているタロットバー・アーサのマユー先生はトート・タロット使いですので、いつかタイミングが巡ってくれば、トート・タロットを学ぶかもしれません。

伊泉先生の「タロット大全」には、パメラ・コールマン・スミスと交流のあった人物として、アイルランドの詩人イェイツやイギリスの小説家キャサリンマンスフィールドなどが挙げられています。イェイツが編纂したアイルランドの民話集やマンスフィールドの短編小説は私の愛読書です。

易やタロットの世界に踏み込むと、世界のあらゆるものがつながっていくような感覚を味わえます。