翡翠輝子の招福日記

本業は女性誌の原稿書き(主に東洋占術と開運記事)。副業で外国人に日本語を教えています。フィンランドが大好き。

人にはどれほどの承認がいるか

この3年間、かなりのエネルギーを注いで続けてきた日本語教師の仕事。 母の四十九日法要に向かう新幹線で休職を決めました。 bob0524.hatenablog.com そのとき読んでいたのが、トルストイの民話集『イワンのばか』です。 トルストイ民話集 イワンのばか 他…

太宰の『トカトントン』が聞こえた

日本語教師として4年目の春を迎えるはずでしたが、休職を決意しました。気持ち的には退職に近いのですが、流動性が高く人の出入りが多い職場なので、慣例に従って休職にしました。「夏には戻りますか?」と聞かれましたが、先のことはまったくわかりません…

スカーレット・オハラを追体験する

1月に放送された100分de名著の『風と共に去りぬ』。 若い頃に夢中になって読み、20代でアイルランドにハマってからは、別の視点で読み返しました。 「オハラ」というファミリネームはまさにアイリッシュ。オサリバン、オライリーなど、「オ」は「何々の息子…

これぞ葬式仏教

昨年の12月の母の葬儀は、葬儀会社に言われるまま、深く考えずに進めましたが、お寺に関してはちょっと思うところがありました。 実家の両親は宗教にあまり関心がないタイプ。 家族の中で一番、宗教的なのはおそらく私です。キリスト教系の学校を卒業してい…

人生の後始末を考える

母が亡くなったのは昨年の12月16日の日曜日、早朝でした。 1週間前の月曜日に施設から「栄養物を受け付けなくなったので、水の点滴に切り替えた」と連絡がありました。 危篤状態になっても病院に搬送せず、施設での自然な看取りをお願いし、署名と捺印も済…

四十九日を終えて

アガサ・クリスティの『葬儀を終えて』。 富豪の葬儀で親戚が集まります。少々頭の弱い妹が「兄は殺されたんでしょう?」と無邪気に言い放つことからストーリーが始まります。 葬儀を終えて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,加…

塀の中も外も似たようなもの 『オレンジ・イズ・ニューブラック』

ネットフリックスで近藤麻理恵の片づけシリーズにハマっていますが、もともとは連続ドラマの『オレンジ・イズ・ニューブラック』を見るのが目的でした。 舞台は女子刑務所。お嬢様育ちでビジネスウーマンのパイパーが若気の至りで犯してしまった罪(麻薬の運…

所有から解放される

海外で近藤麻理恵の『片づけの魔法』が受けるのは、禅とか、わびさびといった日本文化が背景にあると思われているからでしょうか。 bob0524.hatenablog.com 日本語学校で私が教えているデンマークの女学生、トーベはかなり優秀。デンマークでかなり日本語を…

ネットフリックスでMarie Kondoの『片づけの魔法』を見る

新年を機にネットフリックスに申し込みました。 ベーシックプランなら月800円。しかも最初の1か月は無料体験できます。 テレビじゃなくてタブレットの視聴にしました。複雑化したテレビはリモコンでスイッチを入れて切り替えるのが面倒。短い時間とはいえ切…

思うようにいかない時こそ、運をつかむチャンス

占いをあれこれ学んだのは、女性誌の原稿料を稼ぐため。でも、それ以上に「開運したい」という思いがありました。 だから、占い学校に入って最もがっかりしたのは、占いをずっと学んでいるのにちっとも開運していない人たちを目の当たりにしたことです。 ま…

それなりの器がなければ陰徳を積めない

女性誌の原稿を書くのを本業としているうちに、占いの原稿の依頼が多くなってきたので、占い学校に通うことにしました。 西洋占星術なら独学でなんとかなりそうでしたが、東洋占術は陰陽五行の基礎から学ぶ必要がありそうだったので。ちょうど取材していた有…

この世は決して公平じゃない

私が教えている日本語学校はけっこう学費が高いようで、学生たちは裕福な家庭の子弟が大半です。 「大学に入学する前のギャップイヤーで見聞を広めるために日本にやって来た。本当は秋葉原に入り浸っていたいけれど、親がせっかくなら日本語を勉強しろという…

始めるためには、まず小さく分解する

世間の人はお正月に決意を新たにして、前向きな日々を送っているのでしょうか。 人間は年が変わったからといって、劇的に変わるものではありません。 過去がグズなら今もグズ、未来の自分もグズでしょう。 50代も半ばを過ぎて、衰えを感じることが多くなり、…

いつかやりたいことを、今やる

12月、バンコクに行ってきました。 日本語学校で月曜から水曜まで教えていて、人手不足で代講も頼みにくい状況。海外旅行なんて当分行けないと思い込んでいたのですが、水曜の深夜便で東京を発てば、最長で4泊5日の旅ができます。添削と次の授業の準備を旅…

これやこの 行くも帰るも 別れては

2018年も終わりつつあります。 ライター業は左肩下がりで徐々に仕事が縮小した一年でした。 ありがたいことに週刊誌と月刊誌の連載が続いているので、本業と言えるのですが、活字媒体の衰退を思えばいつ打ち切りになるかわかりません。 副業の日本語教師も外…

人生のアマチュア

アン・タイラーの小説は、年を重ねて再読するたびに味わいが増します。 bob0524.hatenablog.com 『結婚のアマチュア』も、結末がわかっているのに、ページを開くと一気に最後まで読んでしまいました。 結婚のアマチュア (文春文庫) 作者: アンタイラー,Anne …

冬至の年筮の会と「ピレネーの地図」

天海玉紀さんと夏瀬杏子さんのおかげで、冬至に南阿佐ヶ谷のウラナイ・トナカイで開催する年筮の会。 陰が極まって陽が生じる冬至は、易者にとって一年のスタート。一年間の成り行きをみる卦を立てます。 「64卦の何爻がだから、一年の運勢はこうなる」とい…

正夢リフォーム

我が家に滞在した元教え子のマギー。 陽気なイタリア人というステレオタイプとはちょっと違い、もの静かでまじめです。 今年から学生のホームステイは引き受けないことにしていたのですが、マギーから連絡があり、うちに来ることになりました。 当初の予定で…

みんな何かにだまされて生きている

たまたま見たテレビで「国際ロマンス詐欺」というのをやっていました。 ネットで知り合った外国人男性とメッセージのやりとりをして疑似恋愛関係に。 軍人や医師、エンジニアになりすました男性から「軍の任務で特殊な環境にあり、銀行送金ができない。娘の…

最後に勝つのは愛ではなく無欲

映画『クレイジー・リッチ』では、財産目当てと誤解され大富豪の恋人の家族からいじめられるヒロインが描かれています。 結局、ヒロインの無欲がみごとに物語を着地させました。 日頃は「清貧に生きる」と言っていても、ほとんどの人は大金が目の前に示され…

日本も『クレイジー・リッチ』だったのに

今年、最もおもしろかった映画は『クレイジー・リッチ』です。 BD/DVD/デジタル【予告編】『クレイジー・リッチ!』2.6リリース/12.12デジタル先行配信 なんてよくできたストーリー! 貧しくても美しくて性格のいい女の子が王子様に見初められるのがシンデレ…

賢者の贈り物なんて不可能な世の中

クリスマスが近くなると、オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』を思い出します。 若い人なら「馬鹿じゃねwww 何をプレゼントするか相手に聞かないのwww」という感想を持ちそうですが、たしかに突っ込みどころの多い話です。 懸命に節約してもクリスマスイブに1…

己亥(つちのとい)の年に種をまこう

2019年、己亥(つちのとい)の年は、大地(己)の下に核(亥)爆弾が仕かけられているような不穏な年です。 開運するためには、この突発的なエネルギーをプラスの形で人生に活かすしかありません。 十二支は一般人にもわかりやすいように動物をあてはめてい…

2019年は60年に一度の己亥(つちのとい)の年

東洋占術を学ぶ前は、干支を気にするのは年賀状のデザインを選ぶ時ぐらいでしたが、今は年運の切り替わりを意識するようになりました。 干支は十二支の支の上に干が載っており、全部で60パターンあります。甲子園の甲子は「きのえね」。1924(大正13)年は甲…

サンクコストと雨宿りするカピバラ

伊豆シャボテン公園の株主優待券をもらいました。 入場料2300円が無料になります。これはぜひ行かなくては。 バスに乗る時は雨がぱらぱら降っていて、一瞬、やめようかと思いました。シャボテン公園は伊東駅からけっこう遠く、一日フリーパスを買ったほ…

旅先で無常を感じる

多くの観光客であふれている熱海。そこから伊豆急行で20分ほど南下した伊東に着くとほっとします。すべてがちょうどいい感じ。 今回の宿は「ウェルネスの森 伊東」。外国人旅行者を連れて行く時は、寝室が分かれているリゾートマンションタイプの温泉宿が快…

マギーの『東京物語』

イタリア人のマギーが我が家に滞在したものの、週のうち4日は、ほぼ放置状態でした。 「本業と日本語学校が忙しくて、ほとんど相手できないから。食事もなし。外で食べるなり、コンビニで買うなりして」と伝えておきました。 カウチサーフィンやホームステ…

身体より先に頭が衰える

加齢による体の衰えを感じるどころが、高熱が出ても気合いで翌朝までに治してしまします。ところが、頭のほうは完全に弱ってきています。 イタリア人のマギーを連れての伊東へ温泉旅行。 マギーは来日4日目だというのに温泉に行ったことがないというので、…

玉手箱を少しずつ開ける

月火水の週3日、日本語学校で教えています。 先日、火曜日の授業を終えたあたりから、体がぞくぞくしてきました。関節も痛み始め、体の中から熱くなり、風邪のひき始めです。 そういえば、月曜日の授業で「土曜と日曜は風邪をひいて家にいた」という学生が…

アイルランドの恩送り

我が家に滞在しているイタリア人のマギーは日本で就職活動をしています。 マギーの来日は4度目なので、手取り足取り世話をする必要がなかったのでなんとかなりました。仕事の締切や日本語学校の授業準備で時間がほとんど取れない日も多かったし。 とはいえ…